ここから本文です

中国の国防費はこの10年で5倍になっています❗ この事実をデニ-玉城や支援者達...

ギンガムチェックのニクい奴さん

2018/9/2621:13:25

中国の国防費はこの10年で5倍になっています❗
この事実をデニ-玉城や支援者達は、どうみているのでしょうか?

閲覧数:
39
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2018/9/2621:28:53

なぜ、中国の防衛費が気になるの?

日本と関係ないでしょう。

戦争になれば、アメリカの基地がある日本は ザ・エンド。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

中国の国防費は極めて適正であり、審議過程、予算共に、その公開性と透明性が高いと思います。

中国の国防費はここ10年で5倍・・・とおっしゃいますが、

13カ国と陸続きで国境を接する大陸である中国の国防に対するあり方は、
国家の祖国統一、主権、領土の一体を守るために必要な要件が、日本のような小さな島国とはその性質を別にするものだと言えます。

そもそも質問者さんの「10年で5倍」とかいう認識は、国防費の適正・不適正をは判断するための、なんの指標にもならないですよ?

適正な国防費っていくらなの?

というとき、いろいろ指標がありますが、1番分かり安く、よく国際社会で引用されるのは「対GDP費」という指標ですが、

中国の軍事費というのは、対GDP比において、1.7%足らずで、他の国連主要国にくらべてかなり低いです。世界平均はGDP比2.5%ぐらいですから、中国の適正な国防費というのは、本来、もっと多くなければならないということも言えます。

また、「一人あたりのGDPに対する国防費の割合」というのも指標になるのですが、その比率から言えば、中国の割合は、アメリカの20分の1であり、日本の5分の1程度です。

中国の経済や社会発展と1人当たり収入の高まりは、それこそ、ここ15年で3倍から5倍になっているので、それに合わせて、軍人員の給与や待遇水準の高騰も比例するのは当然であり、特に軍人の場合は、各種社会保険や退役後の保証を整備する必要があるので、当然、軍事費というのはそれらの費用もも含まれているわけですから、

中国はここ10年で軍事費が格段に増えている!というようなあたりまえのことを、あたかも、中国脅威論風に持ち込むのは、アホみたいな認識だと言えます。


中国の国防の規模は、適正であり、逆に日本の国防の費用は、その適正さに疑問がないでしょうか。

逆に、中国のほうが、日本に対して危機感をもって、日本の政治動静を注視している状況にあるかと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2018/9/2621:54:49

南シナ海で、傲慢な態度をとるのも、このせいでしょう。

明と同じ勢力圏になるまで、拡張する?
自分勝手な理屈と思う

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる