ここから本文です

ヤフオクでクロムハーツの偽物を1億5千万円売り上げて逮捕された宮崎県日南市の業...

mak********さん

2018/10/620:00:04

ヤフオクでクロムハーツの偽物を1億5千万円売り上げて逮捕された宮崎県日南市の業者について質問です。

ニュース記事によると、海老原信五という名前ですが、この犯人は現在naturally stones

(ナチュラリーストーンズ)という天然石ショップを営んでいます。

インスタグラムに店のアカウントと犯人の個人アカウントがあり、ちまちま営業かけてます。
おそらく税金は払ってないと思います。

調べによると、偽造販売の売上金で新車プリウスを買い、家も建てたようです。

しかも、私物としてロレックス・オメガの腕時計や、50万円以上の天然石をポンポン購入し、インスタに投稿して「世界一の品質だ」などと言っています。

被害者への補償が先だろ?と思うのですが、ヤフオクで偽物を販売しても、この海老原信五のように逃げ切って贅沢三昧できるものですか?

クロムハーツは訴訟大国アメリカのブランドだから厳しく訴えてきそうなのに、他国の詐欺師を追求できない法的事情があるのでしょうか?

普通、逮捕されて反省したら私物を売って被害者に償うと思うのですが、海老原信五はプリウスを乗り回し贅沢三昧です。

本当に呆れます。

この件、詳しい方回答をお願い致します。

補足現在犯人は、需要の多い高額天然石ラリマーやルチルクォーツなど多数所持
、販売していますが資金洗浄のように思えてきました。

何も知らずに天然石を購入している客が気の毒です。

意識の低い客は、犯人の経歴を知っても石が欲しければ買うと思いますが…。

インスタの【kasumidayooo】という人物も犯人と繋がりがあるようで、天然石販売と併せて念力による遠隔ヒーリングなどという霊感商法のような販売形態を取っています。

「私には石の声が聞こえる、この石に相応しいのは貴方」
みたいなメールを客に送りつけているようです。(笑)

明らかにカタギではないですね。

閲覧数:
218
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

max********さん

2018/10/621:37:09

●偽ブランド品の販売や所持は商標法違反となりうるので今回の逮捕は所持で4人が逮捕されています。
その質問にある人物はその中の一人。

――偽ブランド品を売ったら、どんな罪になる?

商標法78条は、「商標権又は専用使用権を侵害した者‥‥は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」と規定しており、偽ブランド品などを販売目的で所持すると処罰の対象となりえます。本物と偽って販売した場合には、商標法違反に加えて、詐欺罪も成立する可能性があります。

今回のクロムハーツの偽物で騙された人は詐欺で彼を訴えていると思います。民事訴訟もあるでしょうね?

本物と偽った場合だけでなく、偽物やパロディ商品としてであっても、他人の商標と類似し、または混同のおそれがあれば、商標権の侵害として処罰される可能性があります。

――販売するつもりはなく、偽ブランド品を持っていただけの場合は?

自己使用目的の所持は商標法違反とはなりませんので、単に偽ブランド品などを購入し、所持していたというだけでは犯罪になりません。所持していた数量、入手の経緯、販売実績などの諸事情を総合して判断されることになります。

ただし、偽ブランド品などを海外から日本に持ち帰った場合や、海外通販で購入した場合などには、商標法違反だけでなく、関税法違反も問題となりえます。

●犯罪とならない場合でも、没収の可能性

――輸入の場合、具体的にどんな問題になる?

関税法は、「商標権を侵害する物品」を輸入してはならないとしており(関税法69条の11第1項9号)、その違反に対して10年以下の懲役・1000万円以下の罰金の刑事罰を定めています(関税法第109条2項)。

ただし、関税法違反についても運用上、自己使用目的の場合には処罰されることはないと思われます。条文上は必ずしも明らかではないのですが、関税法基本通達が知的財産の侵害とならないものの例として「業として輸入されるものでないもの」を挙げているためです。

ですが、偽物の場合、国内に持ち込む際に税関で発覚すれば、没収・廃棄などが命じられる可能性があります(関税法69条の11第2項)。

――偽物と知らず輸入したり、販売したりしたらどうなる?

偽物と知らなかった場合には、商標法・関税法のいずれについても犯罪は成立しません。販売目的で所持していたり、実際に販売したり、輸入したりしたとしても、処罰されることはありません。ただし、この場合も没収・廃棄などが命じられる可能性があります。

このケースは、偽ブランド品の明らかな販売目的の所持と多額の偽物で売り上げた収益は既に税務署などの公的な機関は補足していると思います。
もう、逃げることなんて出来ません。

しかし無い袖は振れないので、犯人が資産を隠したら被害者である一個人は倍書を求めてもどうしようも無い。
犯人グループは確信犯だと思いますから取り敢えず資産隠しは完了済みかと?
といいますか?犯人は暴落団関係だと思いますから、、、

たとえ悪い事をした人間でも金が無い人からは一円もとれない。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる