ここから本文です

今年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑さんが言っていますが、ネイチャーや...

get********さん

2018/10/208:50:32

今年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑さんが言っていますが、ネイチャーやサイエンスに載っている情報の9割は嘘だということらしいんですが、若返りの薬があってNMNという物質のマウスの

臨床実験までもう始まってるということで、2025年までには実用化されるらしいんですが、それもやはり嘘なんでしょうか?

閲覧数:
115
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sha********さん

2018/10/321:35:23

科学的に言えばウソですね

今まで死を回避できた人間がいない
若返った人もいない

つまりメカニズムを主張するには無理がある。
「老化を遅らせる」というのはあり得るかもしれないが
それも効果的であるはずがない。
病気は緩和されることはあっても完治することはない
死んだ人は生き返らない

ということです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eco********さん

2018/10/222:17:51

進行中なら、それは一般人にはわからないですね。



>ネイチャーやサイエンスに載っている情報の9割は嘘だということらしいんですが、

誇張して言っただけではないでしょうか。個人的には、根拠のあるデータをふまえて言ったようには思えないですし。

ただ仮にそういうことがあるとすれば、期待通りの成果が得られない研究や芳しくない成果についてそういう雑誌を介して公に報告されないので、雑誌にのっていない隠れたネガティブな結果もふまえるとトータル的に各種試験全体をみると効果ありでなく実態は効果があるとは言いにくいということになることはあると思います。


たとえば、とある薬の臨床試験A,B,C,D,E,Fをして有効であったAとDの報告が雑誌に載りB,C,Eでは効果の証明はなく副作用もそこそこあるので雑誌に投稿しなかったとかです。
そのため、新薬承認されたのに患者において後々とんでもないことが発生することもあり得ます。

TEDという有名な講演サイトでとある研究者が雑誌には新薬の試験ではnegativeな試験結果は掲載されない傾向があり実際にされた試験全体を踏まえてないので掲載内容にバイアス(偏り)があり、negativeな結果も評価するシステムが必要なような話があったような記憶があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる