ここから本文です

前から気になっていたのですがよく池○彰さんとかが

アバター

ID非公開さん

2018/10/402:07:52

前から気になっていたのですがよく池○彰さんとかが

「日本の借金は1200兆円あってこれは世界一です。」的な事を言っているのに他のニュースでは「安全な通貨である円が買われ〜」とか言われてるのですか?1200兆円とかベネズエラのインフレ率100万%よりヤバそうですが、そもそも1200兆円もどこから借金してるのですか?あとこのまま放置しているとどうなるのですか?教えて下さい。

閲覧数:
73
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aim********さん

編集あり2018/10/510:04:11

池上さんは政府の借金のこと分かってないですからね。大手メディアのテレビ番組出演者は、ほとんどの人が分かっていないです。

日本政府の借金の額と外国のインフレ率は、比較するものではありません。

世間で言われる「国の借金」「日本の借金」とは、正しくは「政府の負債」です。政府の借金です。「国の借金」「日本の借金」という言葉は間違いで、「外国から借りている」「国民が返すことになる」などの勘違いにつながるため、曖昧な言葉には注意が必要です。

政府は、主に銀行など金融機関から日本円を借りています。この日本円の借金に世間で言われるような問題はありません。
政府・日銀には日本円の通貨発行権があるため、借金を期限に必ず返済できるからです。政府は硬貨を発行し、日銀は紙幣と日銀当座預金を発行します。

現在も日銀が政府の借金を返しています。返せば日銀当座預金も増え、また国債が買われます。

増税して借金を減らす必要はありません。
政治には様々な間違いがあります。


日銀が政府の借金を返すと、政府は日銀に借金を返すことになりますが、これは「借換引受け」などで返済されています。
政府による借金返済の財源の一部のために、毎年、日銀は通貨を発行して政府に貸しています。「借換引受け」と呼ばれています。

https://www.boj.or.jp/qssearch.jsp?searchtype=kw&limit=10&a...

すると、政府の借金は増えていきますが、これを繰り返せるので大丈夫です。

日銀への利払い費は、必要部分を除き、国庫納付金として政府に返ってきます。そのため、日銀保有分の国債の利払いは問題になり得ません。
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/outline/a25.h...

仮に政府の借金が問題ならば、政府が無期限無利子国債を発行して、それを日銀が買い取るようにすれば、政府は返す必要のある借金を減らせます。返済・利払いのための借換債の発行も減ります。

借金の返済ではインフレになりません。商売している人のモノやサービスが買われないからです。事実、アベノミクスで日銀は5年間で350兆円ほどの日本円を発行しましたが、インフレ率は約0%です。

政府は個人とは違い、寿命がないので借金を「完済」する必要はありません。
期限の来た分だけ借り換えして「返済」できれば十分です。借りて返す、つまり先延ばしでいいのです。借金を減らす必要はありません。増え続けるのが当たり前です。
市中銀行など貸す方も、目当ては利子をもらうことですから、先延ばしは望むところです。

借金が増えて危機になるなら国債金利は上がりますが、現在、国債金利はほぼ0%なのが事実です。これも日銀が国債を買うことで金利を調整する仕事をしているからです。

政府の借金には問題そのものがありません。



ちなみに、日本政府の借金の額は世界一ではありません。ダントツでアメリカ政府が世界一です。
なお、日本政府の資産額は世界一です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sci********さん

2018/10/518:17:38

>くだけた例えで表現すれば、
「日本家の家計には1000万円の借金(負債)があります。
しかしご近所さんから借りているのは62万円だけです。
後は同居しているおじいちゃんや、
自宅から職場に通っている息子たちから借りています」となる。
そして「日本家全体の」借金(負債)は、
おじいちゃんや息子たちの立場から見れば、
「それぞれの債権(資産)」に他ならない。
(下記URLより一部抜粋・改編)

http://www.garbagenews.net/archives/2126503.html

↑こちらが比較的分かり易いと思いますので、ご参考まで。


↓>その借金は国内がその対象になって居ます。

日本国債の海外保有が0ではないので、↑この言い方は嘘になります。
まぁ、この回答者はデタラメ回答で有名なので無視してください。

sya********さん

2018/10/417:18:43

これは国債という事ですよね。
そして日本の国債は大半が国内で消費されているという事です。
つまりギリシャの様な外国で国債が売られていた場合とは違うという事です。
国民とか日銀とか銀行が国債を購入しているという事です。
国内での借金という事です。
そして日本は、その数十倍もの資産を諸外国に貸し付けてます。
それらの資産を考えたら日本は名実ともに超大国という事なのですよ。
知的財産の様と特許だって沢山持っています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

way********さん

2018/10/417:17:40

その借金は国内がその対象になって居ます。
ですからどうにもなりません。
日本は海外資産(債権)が世界一多い国です。
1,000兆円以上あるということです。
従って債務超過になる事はありません。

lol********さん

編集あり2018/10/417:12:54

日本の借金が世界一というのは、統計を十分に確認できていないのだと思います。
三大通貨の円・ドル・ユーロで見るなら、円通貨圏の負債が最も抑制されているのが現実です。

以下は各国中央銀行資金循環統計から日米欧の負債推移を抜粋したものになります。

日本
政府負債 2000年:695兆9994億円→2017年:1289兆1498億円(増加率85.2%)
民間負債 2000年:1799兆3827億円→2017年:2267兆7417億円(増加率26.0%)

米国
政府負債 2000年:734兆0405億円→2017年:2741兆7637億円(増加率273.5%)
民間負債 2000年:4066兆4196億円→2017年:9004兆8482億円(増加率121.4%)

欧州(ユーロ加盟国合計)
政府負債 2000年:774兆0212億円→2017年:1730兆4696億円(増加率123.5%)
民間負債 2000年:2989兆6936億円→2017年:5769兆9157億円(増加率92.9%)

当然ですが、通貨価値は経済全体の状況で決定されるので、負債を見たいなら民間を含めてみる必要があります。
日本は政府も民間も欧米より負債を抑制しているため、これを判断基準にするなら最も安全です。

また借金は銀行を中心とした金融機関から行います。
この時に経済では信用創造が起こるので、借金すればするほどお金が増加します。(信用創造の詳細は以下URL参照)
https://goo.gl/BR2yEo

単純に言うと、お金を無条件に発行してばら撒くのは禁止されているので、国民が借りる時にだけ新しいお金が発行されます。
これならお金の流通量は「国民が借金できる範囲」を上限とするため、理論上は無制限にお金が溢れかえるような事がありません。

しかし借金し過ぎてインフレになる事があるのも現実です。
例えば、1kgの米しか生産していないのに1億円の借金で米を購入しようとしても、物理的に米が足りないので1kgの米を1億円で購入するハイパーインフレになります。

このため経済では借金増加に対して労働生産も増加する必要があります。
効率的な米の生産方法が開発されて生産量が増加するなら、1億円の借金で大量の米を購入できるようになるでしょう。
これが経済成長です。

つまりハイパーインフレの国とは「国民の労働で生産される商品が少ない」のであり、商品が生産されていないのに莫大な借金をするからハイパーインフレになります。
日本や欧米は大量の労働生産をしているので、米など食べきれないほど生産されていますし、他の商品も十分に生産されています。
このため借金して消費してもハイパーインフレになりません。

なので「幾ら借金があると危険」という単純な判断はできず、全ては国民がどれだけ効率的に労働して商品を生産しているかで決まります。
国民が生産した商品を国民が借りたお金で消費するのが経済なので、生産量が増加するほど借金も増えるのが正常です。
生産していないのに借金だけする国が借金大国、生産しているのに借金しない国が消費不足の不景気ですから、消費不足の不景気を続けた日本は相対的に借金が少ないと考えられます。
逆に言うと節約家なので、その国のお金は安全通貨となります。

tec********さん

2018/10/407:12:04

以下の企業・団体・個人から借りています(H30時点)。

・国債 995兆6,806億
①日本銀行 43.9%
②生損保 20.0%
③銀行 19.0%
④海外 6.0%
⑤公的年金 4.7%
⑥年金基金 3.1%
⑦家計 1.2%
、、、

・国庫短期証券 101兆4,451億
①海外 59.3%
②日本銀行 21.4%
③銀行 17.2%
、、、

あなたが国債を買うと、⑦の金額が増えるわけですね。満期の種類が3、5、10年とありますが、満期が来たら国はあなたに利息をつけてお金を返さないとなりません。

2017年末支出
社会保障 32兆
地方交付税 15兆
公共事業 6兆
教育費 5兆
防衛費 5兆
その他 10兆
借金返済 24兆 <---

借金が海外だったら、返せないとデフォルトになりますが、ほとんどが国内ですね。

といっても、踏み倒すと国内の経済がエライ事になるでしょう。日本はこれまで月収40万の家庭が、毎月60万使っている状態だったので、その差額が国債という借金として積みあがって行くわけですね。支出に占める割合いで返済額が増えて行くと、その分国が使えるお金が少なくなっていきます。

消費税増税も借金返済に使われます。当初増税分2%を借金返済に充てる返済計画を作っていたようですが、学費無償化という案が出されて、そちらに増税分を回さざるえなくなり、返済計画が伸びました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる