ここから本文です

鎌倉時代に元寇で活躍した御家人の少弐景資の少弐の家は、戦国時代に大内に滅ぼさ...

syo********さん

2018/10/413:26:52

鎌倉時代に元寇で活躍した御家人の少弐景資の少弐の家は、戦国時代に大内に滅ぼされてからどうなったのでしょうか。

庶民や江戸時代には旗本とかにはなったのでしょうか。

閲覧数:
57
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ren********さん

2018/10/517:17:40

少弐家は多くの分家が存在し、佐賀藩である鍋島家は少弐家の分家です。同じ分家の筑紫家は関ケ原で改易されるも大坂の陣で功を上げたことから3000石の旗本として復活しました。
ただ嫡流は大内氏に事実上滅ぼされ、後に旧臣の龍造寺家に完全に滅ぼされます。
少弐政興が前述の龍造寺家に敗れて肥前を追放されたことで大名としての少弐は戦国時代で消滅しました。
ただ子孫が2011年に壱岐神社において集まったことから分家を含めて細々と生き残ったということでしょう。

質問した人からのコメント

2018/10/10 22:44:20

分家が栄えて良かったですね。

他は侍か農民だったんですかね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/10/421:18:11

佐賀藩の鍋島家は、少弐氏の分家のひとつですよ。
宗家は竜造寺隆信によって、族滅させられたので、
残っていないでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2018/10/418:20:35

地侍か農民です。
2011年には、元寇を記念する式典に子孫が登場しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる