ここから本文です

自己破産手続きについて。 自己破産を含む債務整理の相談に行ったのですが収...

sam********さん

2018/10/423:45:06

自己破産手続きについて。


自己破産を含む債務整理の相談に行ったのですが収支などの話をしたら自己破産を進められ流れを聞いてきました。
その中で
最初の弁護士費用などの積立(分割)を

含む準備期間から免責降りるまでの間、分割の弁護士費用と別で余剰が出た分は弁護士事務所で預かると言われました。(積立中はそれに当てると言われました)
積立の期間であればまだ分かるのですが、変な言い方になるかとは思いますが、要は自己破産を決めたら免責降りるまで私は自分のお金を持てないようなことを言われました。理由は浪費などに当てないようにするためと言われました。
その預かった分は免責が降りて自己破産手続き全てが終わったあとに返ってくると言われたんです。(自己破産規定の99万以下である場合とのことです。)
ただ、手続き中旅行などができなかったりするが普通の生活は送れると言われたので、
その余剰が持てない時点でまず普通の生活は不可能なんじゃないかと思ってしまいました。自己破産手続自体できまってることで原則このように預かるというのならそれまでですが、、、

自己破産について調べてる中でこのようなことは見たことがなかったので。
失礼ですが弁護士に依頼して自己破産の経験のある方、その他詳しい方教えていただけませんか?

閲覧数:
164
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2018/10/517:44:22

自己破産申請後の給与等については特に何も制限はないはずですよ。多分その弁護士さんは弁護士費用が未払いになるのを懸念してそう言ったのかも。

ただし、自己破産が同時廃止の場合は申請したと同時に廃止手続きもしますから、廃止手続き後の収入はあなたの収入となりますが、管財人が付く管財事件となると免責下りるまでは管財人が収入完了すると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/6 20:44:01

ありがとうございました。
自己破産を検討していましたが今回お聞かせくださったことを考えると正直抵抗が出てきました。やはり借金がなくなる分約一年ほどの忍耐などが必要ですね。これを機にもう少し考え直すことにします。本当にありがとうございましたm(__)m

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる