ここから本文です

先程はありがとうございました。

mik********さん

2018/10/522:27:29

先程はありがとうございました。

リクエスト、おねがいしてよろしいですか?

青黛山如月寺縁起
段落2
2行目
「人天ゲン供敬の浄道場」とはなんですか?

補足もう一つすみません、
段落1
2行目
三界は波上の紋、一生は空裡の虹とかや。
一旦の悪因縁を結んで念念に解きやらず。


過去現在未来はつながっていて、一旦悪い因縁を結んでしまうとなかなか解けないよ。ということでしょうか?この場合「空裡の虹」とはどういう意味で登場するのでしょうか?

閲覧数:
25
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/10/618:49:10

人天咸供敬(にんてんげんくぎょう)……人間界の者も天界の者も、みなともに敬う
浄道場(じょうどうじょう)……清浄な道場(お寺)

三界(さんがい)……仏語。いっさいの衆生の生死輪廻する三種の迷いの世界。すなわち、欲界・色界(しきかい)・無色界をいう。つまり、成仏できないで輪廻を繰り返す世界。

波状の紋(はじょうのもん)……波が描く水紋。すぐに消えるはかないもののたとえ。
空裡の虹(くうりのにじ)……空にかかる虹。実体のないむなしいもののたとえ。

念々……刹那、一瞬。


人の生はむなしくはかないもの、一旦結んだ悪因縁は一瞬に解くことはできない、
と説いて、それゆえに、ここに寺を建立して菩提を祈るのである、と寺の縁起を語る。

質問した人からのコメント

2018/10/8 03:56:11

大変勉強になりました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる