ここから本文です

昔の古文書を見ると、同じ時代にも関わらず ①漢字+平仮名(片仮名)を用いた今と...

kay********さん

2018/10/902:09:17

昔の古文書を見ると、同じ時代にも関わらず
①漢字+平仮名(片仮名)を用いた今と変わらないような書き方
②漢字だけの漢文風(手紙などに多い?)
③まさしく漢文といえるレ点付きの漢字だけの

3つあるような気がするのですが、何故バラバラなのですか?
また、それぞれ違うのはどのような用途や状況が関係しているのでしょうか?
更に、一番多く使用されていた書かれ方はどれだったのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
37
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

リクエストマッチ

2018/10/914:32:16

普通は仮名混じり文です。漢文のような漢字だけの手紙を書くことはありません。又漢文の場合も返り点を打つことはありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる