ここから本文です

以前に読んで面白かったので、小野不由美さんの小説「鬼談百景」のような短編怪談...

map********さん

2018/10/1006:56:39

以前に読んで面白かったので、小野不由美さんの小説「鬼談百景」のような短編怪談が集まった文庫本が読みたいです。
オススメを教えてください。作者は別の方でもかまいません。
持ち運んで合

間に読みたいので大きさは文庫サイズのものを希望しています。
本を読みなれていないので、沢山シリーズがあるものよりも1冊または数冊出ているだけのものが読みたいです。

閲覧数:
84
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hot********さん

2018/10/1022:55:58

「鬼談百景」同様に百物語の体裁を取った
体験談集はたくさん出ていますよ。

・文芸百物語 井上雅彦・菊池秀行・加門七海・霜島ケイ …その他
・女たちの怪談百物語 加門七海・立原透耶・岩井志摩子・伊藤三巳華…その他
・男たちの怪談百物語 安曇潤平・黒木あるじ・黒史郎・京極夏彦…その他
怪談、ホラー作家達が実際に集まって行った
百物語の会の記録です。
最中に、本当に何ぞ起きたとかなんとか……

・新耳袋 木原浩勝・中山市郎
・怪談狩り 中山市郎
・九十九怪談 木原浩勝
・ひとり百物語 立原透耶
シリーズものでないほうが、とのことですが
内容が続いているわけではないので
例えばシリーズ10巻の5巻目だけ読んでも
全く問題なく楽しめます。

・怪談徒然草 加門七海
これは百物語ではなく、作家さん本人の
体験談ですが、対談形式ということもあり
語り口が面白くてお勧めです。

質問した人からのコメント

2018/10/13 10:17:25

ありがとうございます。
探して読みたいと思います!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kmb********さん

編集あり2018/10/1014:11:40

怪談の短篇集のおすすめを何冊か紹介します。すべて文庫本から選びました。

⬛夢枕獏『闇狩り師』(徳間文庫)
憑き物落としを稼業とする現代の陰陽師を主人公にした連作短篇集(2冊)。きらめきのある美しい文章で綴られた、最高に不気味でゾクゾクする怪異譚。

⬛蒲松齢『聊斎志異』(ちくま文庫、岩波文庫など)
『聊斎志異』(りょうさいしい)は神仙、狐、鬼、化け物、妖艶な美女などが登場する中国怪異文学の金字塔。作者の名前は「ほ・しょうれい」。

⬛井上ひさし『新釈遠野物語』(新潮文庫)
ゾッとして、わくわくして、おかしくて、しんみり。いろいろな方向に心を揺さぶります。京極夏彦×柳田國男『遠野物語remix』(角川文庫)もおすすめ。

■澁澤龍彦『うつろ舟』(河出文庫)
「護法」「魚鱗記」「花妖記」「髑髏盃」「髪切り」「菊燈台」などの8篇。タイトルがいいだけじゃなく、文章も物語も絶品。

■小泉八雲『小泉八雲集』(新潮文庫)
耳なし芳一の話、雪女、むじな、食人鬼、ろくろ首などを収録した『怪談』を含む短篇集。昔の日本の悲しさと美しさに浸されます。

■綱淵謙錠『怪』『鬼』(中公文庫)
妖鬼の世界と人間の妄執を描いた歴史怪異譚。作者の名前は「つなぶち・けんじょう」。購入は古本のみ。

そのほかにもいろいろあります。リンク先も参照してください。
⬛内田百閒『冥途・旅順入城式』(岩波文庫)
■上田秋成『雨月物語』(角川ソフィア文庫)
■泉鏡花『高野聖』『鏡花短篇集』など(岩波文庫)
■ブラックウッド『秘書綺譚―ブラックウッド幻想怪奇傑作集』(光文社古典新訳文庫)
■エドガー・アラン・ポー『E・A・ポー ポケットマスターピース 09 』(集英社文庫ヘリテージシリーズ)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141925805...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる