ここから本文です

確定申告、株式譲渡益、ふるさと納税について 私はサラリーマンで、住宅ローン...

tik********さん

2018/10/1216:40:05

確定申告、株式譲渡益、ふるさと納税について

私はサラリーマンで、住宅ローン減税適用1年目に当たることから、今年(正確には来年?

)確定申告を予定しています。

一方で、源泉徴収有りの特定口座で株式売買をしており、株式譲渡益が200万円程出そうです。

ふるさと納税の控除上限額を上げる(=住民税負担を増やす)ために、株式譲渡益についても確定申告をしたほうがよいという話を聞きました。
株式譲渡益を確定申告することによるメリット・デメリットを分かり易く教えていただけませんでしょうか?

また、そもそも株の売却利益確定時に住民税相当は源泉徴収されていると思うのですが、確定申告することで住民税の二重取りのようなことにはならないのでしょうか?
(もちろんならないのだと思うのですが、理屈がよく分かりません・・・。)

なにぶん無知のため、皆さまのお知恵を貸していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
82
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aji********さん

2018/10/1217:30:22

株の譲渡益は、分離課税といって、他の所得(例えば給与所得)とは分離して税金を計算することになっています。
株の譲渡益に対して、国税15%、地方税5%かかります。
(国税には復興税もかかる)
これは、特定口座源泉ありでだったら、既に源泉徴収されている税額と一緒なので、損益通算すべきものが無ければ(益だけだったら)、申告しなくても良いし、申告したとしても追徴も還付も無いということになります。

したがって、申告しない人が世の中には多いわけですが、申告しなかった場合、そもそも株取引による益は無かったような扱いとなります。ところが、申告することで初めて、その株取引による益が、山田太郎さんの売買益だということになって、市役所にある課税台帳上で、山田さんが株でこれだけ儲けたので、個人としてこれだけ税金を納めましたよ、と記録されることになります。

それによって、ふるさと納税の枠が増えることになります。

  • 質問者

    tik********さん

    2018/10/1220:38:57

    ありがとうございます。

    確定申告することで、株の譲渡益が給与所得と紐付けされて、譲渡益と給与所得の合算に対して住民税がかかる。
    ただし、譲渡益に対する住民税は既に源泉徴収されているので、二重取りされることはない。

    ざっくりこのような理解でよいのでしょうか?
    であれば、株の譲渡益が出れば確定申告しないという選択肢はないようにも思うのですが、特段デメリットはないと理解してよいのでしょうか?

    もしよろしければ教えて頂けると嬉しいです。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる