ここから本文です

ロードバイク 乗ってる人に。自分が履いてるタイヤが25cなんですが23cにしようとし...

アバター

ID非公開さん

2018/10/1416:45:15

ロードバイク 乗ってる人に。自分が履いてるタイヤが25cなんですが23cにしようとしています23cにするメリットってなんですか?23はパンクしやすのはどっかで聞きました。

閲覧数:
190
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

オッターさん

2018/10/1818:59:07

多分、なんですけど昔は23Cのタイヤの方が軽かったんです。
でも今は25Cでも軽いものが多いです。
少なくとも23Cとそんなに重さが変わらない製品が多いと思います。
重さが変わらないなら太い方が圧倒的に使い易いです。

25Cのメリット
・タイヤの変形量が少なく走行抵抗が少ない
・ワイドリムに使うなら空気抵抗に有利
・空気圧を下げれるので乗り心地が良い
・耐パンク性能が良い

これらのメリットは実感してます。
巡行スピードについても25Cの方が有利です。

軽量の25Cを各社作れるようになり23Cでできなかった事ができるようになり投入できる技術の自由度が広がったのだと思います。
特にメーカーの転がり抵抗や空気抵抗のデータは目を見張るものがあります。

しかし、今の時代あえて23Cにするメリットはないのですが、路面のダイレクト感というか23Cにしかない味もあるのは事実です。

「実用を求めるなら25C」・「見た目、趣味の問題なら23C」です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cam********さん

2018/10/1523:40:58

軽い、空気抵抗少ない
なので特にヒルクライムでは23mmの方が有利だという話、聞いたことあります。ただ、数字以上に乗り心地が悪化しますから、サイクリング中心で楽しんでる一般サイクリストは25mmが一番バランス良いと思いますよ。

bed********さん

編集あり2018/10/1821:28:19

今年のツールドフランスでは、
全チームが25Cを使っていた。
去年までは僅かながらに23Cを使う選手も居たが、今年は登りゴールのステージでのみ、ほんの数人だけだった。

これにより、
ロードレースにおいては、
25Cに対して23Cが優れているところは何も無いという証明になった。

ツーリングに使うのなら尚更です。

しかし、
私は23Cを使っている。
理由は細くてカッコイイからだ。
それ以外に何の意味も無い。

趣味の自転車だから
カッコイイということが
何より重視され、速さは二の次です。
もし市民レースに出るなら、
ワイドリムに25Cを履きますがね。

ちなみに最近のワイドリムのホイールは、25Cに合わせて空力の最適化をしているので、無理矢理23Cを履いたら、空力性能は悪化します。
細ければ空気抵抗が少ないなどと
言ってる人は、
少なくとも頭が5年は遅れています。

15年くらい前までは、
ロード用でも20Cのラインナップが
各社あったが、
今はほとんど絶滅している。
ヒルクライム用に僅かに20Cも作ってはいるが、乗鞍の神である森本さんは、
同じモデルの23Cで勝ち続けて来た。

軽量化命のヒルクライムでさえ、
細いタイヤは、どんどん減って来ている。

未だに細いタイヤを使っているのは、
ノスタルジーに浸っている、
完走すら出来ないメタボ親父だけ。
(私も含む)

来年以降は、23Cも減って行くだろう。
そしてチューブラーも。

ワイドリムが普通になって来たので、
25Cタイヤだとリムと幅が同じくらいか、あるいはGIPPの様に逆にリムの方が広い物さえあり、ブレーキのクイックリリース機能さえも必要無くなりつつある。

現にBR-9100なんか、
クイックレバーは空力最優先で、
レース中の緊急を要するホイール交換時にメカニックが瞬時に開閉出来る形状(構造)にはなっていない。

細いリムに太いタイヤを履く人も
わずかながらに居るだろうから、
そんな場合にも対応出来る様に
エマージェンシー的に付いているだけです。

ちなみに、
パンクのしやすさは空気圧による。
パンパンに高い人は小石等は弾き飛ばしてしまうので、パンクしにくい。

pon********さん

2018/10/1513:00:15

ミシュランとボントレの同じ銘柄で、23から25の乗り換えを経験しました

・ゼロスタートでは僅かに25で重さを感じますが、正直ブラインドで気づくかは微妙で、登坂では差は感じませんでした
・乗り心地は、25の方が良く、この差は分かり易かったです
・最初は23用のセッティングだったので、ホイール脱着時のブレーキとの干渉は、少しありました(一度はめてしまえば、問題なし)
・後輪と、シートポストとのクリアランスが小さめのフレームなのですが、ケイデンスセンサー固定用のタイラップと、後輪の干渉が有りセンサーを取り外しました
(現在は、磁石が無くクランクにだけセンサーがつくタイプなので、問題なし)
・パンクは、もともと年に1回程度しか無く、毎年タイヤを交換していたため、25に変えたことで減った感覚は無し

正直、わざわざ25にするメリットはあるかもしれませんが、積極的に23を選択するメリットは疑問です
行きつけの自転車屋さんで、いつものタイヤお願い!って言うと、自動的にいつもの銘柄の25が来る現況なので、25を使い続けるつもりです

kni********さん

2018/10/1512:54:52

失礼ながらホイールが23C対応でなければはけれませんよ?

gag********さん

2018/10/1512:39:12

若干軽くなる、抵抗が若干少なくなる以外はメリットはないかと。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる