ここから本文です

推薦入試を受けようと思っています。 小論文があるのですが、〜の理由について...

jez********さん

2018/10/1519:33:41

推薦入試を受けようと思っています。

小論文があるのですが、〜の理由についてあなたの考えを述べなさいという問題が解けません。

結論(私は〜だからだと考える)

本論()

まとめ

で書いているのですが、本論の文章構成

でいつもつまづいてしまい時間だけが過ぎてしまう状況です。
本論の文章構成はどのようにしたらよいですか?教えてください。ちなみに文字数はなくて、学校の先生には大体300~400文字くらいだと言われました。

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

amp********さん

編集あり2018/10/2219:54:29

400字では、結論の理由を本論に書いていくのが普通です。

《小論文対策》
入試で実用的で、評価も高くなる方法を回答します。

テーマ型小論文では、これが正解という内容のテーマは出ない。つまり、右でも左でも、自分の立場を明確にして(右か左か)、論理的に説明して説得できれば、いいのです。
それを実践できる文章構成を紹介しておきます。

(結論)まず、第1行目に、結論を簡潔に書く。賛成か、反対か、明確に述べる。

(本論)次に、結論の理由や根拠を3つ述べる。
なぜなら、第1に...
第2に...
最後に...

(まとめ)最後にまとめの1行。
理由とともに、結論を書く。
指定語数が少ない場合は省略してもよい。

このパターンは、結論前倒しの「報告型」と呼ばれる形式で、面接の受け答えでも、自由英作文でも、使えます。

それだけでは、不安かも知れませんから、入試用の教材も紹介しておきます。

小論文の知識面で役立つのは、
「吉岡のなるほど小論文 頻出テーマ16」(桐原書店)
これは、頻出テーマを扱った問題集、文系、理系、AOなど様々な問題が載っているので、自分が必要な部分だけを解く。「生きがい」に近いテーマもあると思います。

小論文の書き方は、
「吉岡のなるほど小論文 講義10」 (桐原書店)
初学者向けで分かりやすい講義書です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ued********さん

2018/10/2219:40:23

僕がやるときは本論で自分がそう思う理由を言った後に一般的な反例や反論をいれ、その後にその反例や反論に対する解決方法等を入れます。そうすると文字数稼ぎにもなり、文章自体も綺麗にまとまります。
あと、意識しているとは思いますが自分の本当の意見ではなく、文章が作りやすい方の立場から書くことも大切です。
書くパターンを自分なりに決めておくと本番で焦らなくて済むので、たくさん練習するのが一番です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる