ここから本文です

油圧機器メーカーKYBと子会社による免震制振装置の検査データ改ざんは、深刻な...

o_m********さん

2018/10/1723:57:56

油圧機器メーカーKYBと子会社による免震制振装置の検査データ改ざんは、深刻な問題なのですか?
姉歯さんの構造計算のときよりも深刻ですか?

最寄の駅前にも高層ビルがいくつかありますが、入ったり近寄ったりしないほうがいいですか??

閲覧数:
405
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ugs********さん

2018/10/1822:02:26

国土交通省の資料ならびにKYBさんのプレリリースから読み取ったうえで
お答えいたします。
深刻と言われれば深刻な問題です。ただ建物がつぶれるとかは先ずないと
思って結構です。

そもそもですが、免振制振ダンパーは一本では機能しません。
たとえば木造住宅の場合では1階に5~6か所程度、2階に2~4か所
程度の設置となるでしょう。複数個所に設置しているとなれば、その中
のどれかが低性能だとしてもほかのダンパーにより揺れが吸収され、変
位量が数パーセント増えるとかはあると思われます。
これには専用の時刻歴応答計算を待つことになるでしょう。

ダンパーが厄介なのは、強すぎるダンパーと弱すぎるダンパーの二種類
があって、KYBはそれぞれ10%内(国交省基準では15%)で合わせて
いたが、それがより大きく振れていることが問題なのです。
したがって、強すぎるダンパーと弱すぎるダンパーが混在していると、
ややこしいことになります。

ただ今回の場合ではオイルダンパーですので、比較的交換が容易です。
というのもオイルダンパーは液漏れリスクから交換が容易に作るしかな
いという事情があるためです。
根本的な耐力壁ならびに柱の再検討が必要となるかつての耐震偽装事件
とは事情が違うと思われます。
問題が発生したロットのオイルダンパーを交換する工事で終わる可能性が
高いと思われます。
(寧ろ家庭用に設置しているタイプが面倒だと思います)

ただ、マスコミのいう震度7でも耐えられるという表現は問題です。
厳密には震度7に絶対耐えられると言い切れる建物は存在しません。
何故なら震度7は震度階の最大値であり、その数値は天井がありません。
たとえば熊本地震本震 計測震度6.7も震度7として発表されますが、
それ以上の震度であっても震度7のままだからです。

結論として免振にしろ制振にしろ効果はある程度存在することから
建物が地震によって直ちに倒れることはないでしょう。
ただし、想定外の巨大地震の場合はどの建物でも絶対安全とは限ら
ないことは肝に銘じていただければと思います。

質問した人からのコメント

2018/10/22 17:26:30

たいへん勉強になりました。東日本大震災のときに都内で折れちゃいそうなくらいに揺れているビルがあったらしいなので、もしかしてこれのせいかなと思いましたが、数年で交換できるのであれば、それほどは気にしなくても平気そうですね。

「kyb 改ざん」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

te5********さん

2018/10/1822:14:31

国交省も問題ないと言っているし、
震度7にも耐えられると報じられているので
大丈夫でしょう。
日本の基準が厳しいから外れている訳で、
問題は無いらしいですよ。

wpp********さん

2018/10/1800:12:38

深刻ですがダンパーは交換すれば済む話ですからアネハよりはマシでしょう
ウチのマンションも危ないな
会社のビルも危ないな

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる