ここから本文です

最近、批評文の書き方を勉強しています。

har********さん

2018/10/2520:39:17

最近、批評文の書き方を勉強しています。

まず著者の主張とその主張を裏付ける前提を理解し、その主張や前提に誤りをみつけたらそれを指摘しその理由根拠を述べ最後に自分の意見を述べると学びました。
しかし有名な著者の論文に誤りがあるとはおもえません。 前提や主張に誤りがないように何度も推敲されてると思います。このような状況からどうやったら
批評できるような誤りをみつけることができるのでしょうか?

閲覧数:
480
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

dai********さん

編集あり2018/10/2520:47:25

誤りというのは単純な間違いのことです。単純な間違いがない場合も多々あります。例えば、米国の共和党と民主党の主義主張の違いは、単純な正誤で片が付く話ではないでしょう。従いまして、誤りを見つけることに拘泥するのではなく、妥当性や長所欠点、欠点をカバーする方法の有無などを、他説と比較検討するのが適切と考えます。

「批評文 書き方」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる