ここから本文です

肺炎球菌の予防接種をしてから、丸5年たちます。2回目の接種をしようと思うので...

aya********さん

2018/10/2620:52:51

肺炎球菌の予防接種をしてから、丸5年たちます。2回目の接種をしようと思うのですが
1回目との間隔はどのくらいがいいのでしょうか。

閲覧数:
4,482
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gak********さん

2018/10/2705:16:13

成人の肺炎球菌予防接種は、5年以上の間隔があれば再接種できます。

間隔が短いと、副反応が強くでる場合があるという程度の話です。
過去に、認知症の患者さんで、1カ月に2回接種接した事例がありましたが健康被害は報告されていません。

質問した人からのコメント

2018/10/31 14:54:35

説得力のある内容で納得しました。ありがとうございました。

「肺炎球菌予防接種」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qua********さん

2018/10/2715:52:06

肺炎球菌は常在菌です。

ワクチンは本人に接種の努力義務はなく
国も自治体も接種勧奨しないB類です


厚生労働省ファクトシート

●肺炎球菌ポリサッカライドワクチン(成人用)ファクトシート
PPSV23ニューモバックスNP

○諸外国からの報告では肺炎球菌性肺炎の重症度・死亡率は
有意に低下したが、肺炎球菌性肺炎に対する予防効果は見られなかった。

○我が国の65歳以上全体では有意な差はみられなかった

●13価肺炎球菌コンジュゲートワクチン(成人用)ファクトシート
PVC13プレベナー13
国内の高齢者におけるIPD
市中肺炎(日常生活肺炎)に対する予防効果は示されていない


ニューモバックスNP審議結果報告書(H18.8.31)
医薬品二部会において承認議決(H18.7.21)

審査結果
本剤の有効性は十分明確にされていないが、否定されるものではないと考える?
本剤が肺炎球菌による感染症を予防する効果をどの程度有するのか明らかでない


それでも承認されるのがワクチン行政です。

何故なら製薬会社は厚労省の天下り先だからです


MSDニューモバックスNPの承認を可とした医薬品二歩会議事録

肺炎球菌ワクチンの予防効果発現・有効性について
●血中抗体価と感染予防効果との関係は現在でも明確にされていない
●感染予防を確実に行うとされる血中抗体価等も国際的に明らかになっていない
●本剤の有効性に関する疑問を呈する論文報告が相次いでいる



高齢者肺炎球菌ワクチンの嘘

肺炎球菌ワクチンは高齢者の肺炎のリスクを減らすことはない。
ニューイングランド医療ジャーナルの2003年51日号に発表された研究。

シアトルで肺炎球菌多糖体ワクチンは
高齢者の肺炎の全体的なリスクを減らすことはなかった。


現在、坂東玉三郎がCMでワクチンを呼びかけていますが
その製薬会社は、子宮頸がんワクチンで問題になり
学会や医師達への金銭供与でお馴染みのMSD社

http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=331


肺炎は誤嚥性肺炎です

ワクチンよりも誤嚥の予防が第一です


お大事に

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる