ここから本文です

軽度発達障害のまま高校生になった人の特徴ってありますか?

アバター

ID非公開さん

2018/10/2700:57:45

軽度発達障害のまま高校生になった人の特徴ってありますか?

私のクラスメートがそうかなーって思うので質問しました。

閲覧数:
462
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2018/10/3110:02:58

特徴というか、どんな障害があっても(歩くことさえできれば)親や本人が特別支援学校行きを拒否すれば中学校までの義務教育期間中は普通学級になります。ついていけるかどうかは別問題ですがね。

義務教育を過ぎても成績と内申点さえ問題なければ高校には行けます。ただ成績にかかわらず、情緒面に大きな問題があって学校生活や社会人生活での困難が大きく、あまりにも将来の不安が大きいと考えられる場合は中学校担任が高校より特別支援学校や私立の高等専修学校(高等専門学校と違います)などを勧める場合もあります。

小学校高学年以降の勉強になると発達障害の特性で苦手科目が生じたり、もっと重いと全体の学習に困難をきたすことも多く、大多数が中学卒業までに健常児より成績が悪化し、偏差値50以下の普通科高校もしくは工業系・農業系の高校に行くことが多いですが、アスペルガー症候群のように主要五科目の学力が優秀な場合は普通科のトップ校に通えることもあります。

これも特徴が人によって違うので一概には言えないのですが、高校に行くのに必要な高学年や中学生の勉強すらままならなくなるであろう中重度の知的障害と重度の身体障害を除く障害者の特徴のいずれかは当てはまる可能性があると思っていいです。

そして高校生の発達障害の中で最も目立つのが高機能自閉症だと思います。大雑把に言うと、

低偏差値の高校に多いのは視覚優位、動作性IQ優位で数学科のうち図形、社会科のうち地理、技術家庭、個人プレーの体育、工業・農業といった専門科目が得意で、数学科の図形以外、物理、語学など論理的思考力を問う科目が苦手なのが従来型自閉症タイプ、

高偏差値の高校に多いのは聴覚優位で数学、理科の講義、語学、社会科の公民など論理的思考力を問う科目が得意で、体育全般、地理、技術家庭、理科の実験、工業や農業といった実業系専門科目など手先や視覚を問う科目は苦手なのがアスペルガー症候群タイプです。

二極化する高機能自閉症タイプ、下位校に行くことが多い学習障害タイプに対して、整理整頓やスケジュール管理が苦手なADHDタイプはどこのレベルにもいます。ただ勉強に差し障るようタイプも少なくないので真ん中より下位の高校に多く分布します。中学校までの勉強では実力テストの成績(=地頭)より提出物や授業態度を重視するので、その評価が低いと内申点が低くなり、結果的に高校のレベルが落ちるからです。

昔の理論では重度の自閉症以外の発達障害は大人になれば治ると言われてましたが、実はADHDの多動性を除けば一生続くことが多く、ましてや高校生ではまだまだ抜けきってないことが多いようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる