ここから本文です

フタホシコオロギの帰化について フタホシコオロギは奄美大島・沖縄などの日本...

アバター

ID非公開さん

2018/10/2801:55:56

フタホシコオロギの帰化について

フタホシコオロギは奄美大島・沖縄などの日本にも生息していることをネットで
しりました。ですがネット上では帰化を心配する声がたまに上がっています。

日本にすでに生息しているのに帰化という言葉を使用するのはおかしいのではないでしょうか?

すいません生態系などに詳しい方には陳腐な質問かもしれませんがご教授ください。

閲覧数:
44
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

森鴎蛙さん

編集あり2018/11/320:20:13

奄美や沖縄以外には生息していないので、そういう場所では外来種です。
例え国内でも外来種は外来種です。

更に、同種でも地域によって遺伝子が変わる為、例え国内同士でも奄美のフタホシを沖縄に放せば外来個体群となります。
ましてや、ペットショップのどこ産か分からないフタホシを例え生息しているからと言って奄美や沖縄に放つのは厳禁です。

例えば、アユは琵琶湖産のを遊漁用に日本中にバラまいた為、それぞれの地域の固有遺伝子はほぼ壊滅的です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/3 21:58:14

確かに外来種=外国種と思っていましたが、確かに地域が、違えば国内であっても外来種となりえますね。
納得いく回答ありがとうございました。
大変勉強になりました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる