ここから本文です

山脈と山地の違いをお教えください。 例: 四国山地と四国山脈 紀伊山地と紀伊...

sot********さん

2018/10/3011:37:58

山脈と山地の違いをお教えください。
例:
四国山地と四国山脈
紀伊山地と紀伊山脈

これら一並びの山々ではないし、これらの中にさらに小さな石鎚山脈など山脈を内包している。

だったら大小の山脈が固まる山岳地を「山地」とすればわかりやすいし、それで統一したらいいのに。

などと思うのですが、どうして分かりにくい二つの言葉を併用しているのでしょうか?
西洋文化が入ってからの、外国語訳との混乱とかなんでしょうか?
それとも具体的に大きな山脈は測量技術が発達してから「発見」されたのでしょうから、一般的な呼称の後追いで新名称がつけられたりしたのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
309
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

len********さん

2018/10/3012:59:47

より大きな区分では、山岳地域全体を山地と呼んでもいいと思います。
その中でわざわざ山脈と呼ばれるのは、明らかに尾根の連なりに規則性があって、同じ方向に連なる=脈状の地形がみられる場合です。
先の質問で回答したように、日本アルプスと呼ばれる、飛騨、木曾、赤石の山脈はほぼ南北に連なる山の集合体で、その両側が低くなっていることでその並びが強調されたものです。三つに区分されるのは、飛騨と木曾は穂高南方で低くなるところ(野麦峠のあるあたり)、木曾と赤石は伊那谷の沈降帯で区切ることができるからです。
紀伊山地は、地図で見るとわかるように明瞭な高峰の連なりを見つけることができません。川も規則性を持たず四方に流れ出す感じなので通常山地です。
四国山地も同様(成因も同じフィリピン海プレートの沈み込み)ですが、北側が中央構造線で落ち込んでいることで東西の連なりが強調されている部分があるので四国山脈と呼ばれることがあるのです。
また、大まかにですが、高い山の連なりが山脈、低い山は山地と呼ばれる傾向があります。六甲は地殻変動を受けて、ほぼ東西に帯状に連なる地形ですが、通常は六甲山地と呼ばれ、六甲山脈という呼び方をしないのは、標高が低いからだと思います。

山脈と山地はどちらもMountainsなので、訳語の違いではありません。

  • 質問者

    sot********さん

    2018/10/3017:04:02

    回答ありがとうございます。

    四国は東西方向に山が連なり、明らかに南北を分け、交通や文化を隔てています。確かに東西の剣と石鎚は連なってはいませんが・・・><

    紀伊半島も南北に三列の山の連なりがはっきりしていると思います。
    左から高野山~龍神。この尾根筋が奈良と和歌山の県境。
    中央に山上ガ岳~釈迦ガ岳。南北方向の背骨。
    右に大台をメインとする南北の山々。この尾根筋が奈良と三重の県境。
    三つの山並みの間を南北に河川が流れ、人の往来を隔てています。でも中央構造線で北側を直角に切られているから、わかりにくいのかな。

    他にも六甲クラスの山並みなのに、泉州山脈は「山脈」扱いで、紀伊の山々は山地扱い。

    決まりごとはないのか、誰がいつごろ名付けたんだ。
    ひょっとして規則性やルールのある学問とかじゃないのかって疑問でした。

    まあ、深く悩むような疑問ではなく、ちょっとした疑問にお付き合いくださり感謝です。

    ありがとうございました。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/30 18:42:58

改めて感謝いたします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mat********さん

2018/10/3011:43:50

山地:山が集まっているところ
山脈:山が連なっているところ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる