ここから本文です

犬夜叉って、七人隊のころが面白さのピークなのですか?

qty********さん

2018/11/103:46:39

犬夜叉って、七人隊のころが面白さのピークなのですか?

サンデーに連載していた犬夜叉は、アニメ化もされた人気作品ですよね! ですが、少々連載を長引かせ過ぎてダレてしまったという批判も一部あるようです。

中盤になった、七人隊とのバトル付近が面白さのピークだったとも。

七人隊は個性も豊かで、死人とはいえ人間なのに、その強さを如何なく発揮してくれました。
蛮骨たちとの迫力あるバトルシーンは見ものだったと自分も思います。 自分は七人隊では副将でありブレーンであった煉骨が好きだったです、アニメオリジナルですが蛮骨VS煉骨の追加バトルも描かれて嬉しかったですね。

犬夜叉好きの人たちも、七人隊のころが特に面白かったと思われますか? それとも、七人隊以降でも、もっと面白いエピソードはありましたかね。

皆様方のご意見をお聞かせください。

七人隊,犬夜叉,蛮骨,七人隊以降,ピーク,かごめ,殺生丸

閲覧数:
912
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rhz********さん

2018/11/107:33:08

個人的には終盤、アニメ版では完結編と呼ばれる部分の辺りが割と好きです。
(中間のストーリー展開は余り好きではなかったので本当にざっくり程度しか読んでいません)

大体、神楽の最期付近から大きく物語が動き出してかごめの秘めた霊力の話題や犬夜叉兄弟の確執の決着、そして四魂の玉そのものの謎にも結構触れるのでなかなかの見応えを感じております。

質問した人からのコメント

2018/11/6 19:58:57

犬夜叉は完結編も面白いのですね! いずれ見てみたいと思いました、BAに選ばせていただきますね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

han********さん

2018/11/115:34:55

むしろその七人隊がだらだらにさせたような気もしますけどね…。

「次々と襲い来る特殊能力者をどう打ち破るか!?」なバトル展開は、個人的にはとても退屈でした。
素直になれないキャラ同士のイチャイチャ(ラブコメ)がこの作品の魅力だと思ってたので、バトルよりも犬夜叉とかごめと桔梗の三角関係や殺生丸とリンの関係などが動く話の方が楽しかったです。
一番好きなエピソードは、リンが冥界に捕らわれる話です。

アニメだと序盤より終盤、特に「完結編」が良かったです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる