ここから本文です

2020年からWindows7のサポート終了後にパソコンを使い続けるとどうなるのでしょう...

kyo********さん

2018/11/314:37:25

2020年からWindows7のサポート終了後にパソコンを使い続けるとどうなるのでしょうか?

補足サポート終了後にWindows7を使い続けると例えば鍵のかかってない部屋に泥棒が入るような状態になるのでしょうか?

閲覧数:
2,673
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2018/11/517:42:33

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10かなり時間がかかりますが、10インストール出来ます。無料!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

n79********さん

2018/11/710:14:31

運用による。問題ない場合もあるし、予想以上の事件が起きる恐れもある。決まってない。

かおるさん

2018/11/709:53:54

セキュリティーの面で不備になります

2018/11/519:32:49

>2020年からWindows7のサポート終了後にパソコンを使い続けるとどうなるのでしょうか?

現在のWindowsXPやWindows Vistaのような事になります。

>サポート終了後にWindows7を使い続けると例えば鍵のかかってない部屋に泥棒が入るような状態になるのでしょうか?

まあ、そんな感じでしょうね。

今現在でもWindows7からWindows10にアップグレードできるのでサポート終了する前にアップグレードしたほうが良いと思いますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

usn********さん

2018/11/400:56:36

① 2020/01/14で、Win7のサポート終了となるが、そのPCが壊れない限り使い続けられます。
② 但し、条件がある。アップデート(UpDate)は、当然ながら発出しないので、常時ネットに接続は、セキュリティの関連で出来ないと言う事です。
※ Win10搭載のPCを買い求めて、データー等の編集等に利用すればいくらでも使い道はあると思う。(回答者もその様にするつもり)
③ こんな回答しかできませんね・・・。"悪しからず"

プロフィール画像

カテゴリマスター

vai********さん

2018/11/317:48:20

少なくとも昔のサッシの鍵は、かけていても、がたがたやると
はずれるようなものがあったんですが…
(今は二重ロックが一般化してそういうのは起きにくくなっています)

鍵がかかっていない状態というよりも
鍵がはずれてしまうようになっていることが発見された窓を

見張りの人が見に行かないから
泥棒ががたがたやってても気づかず侵入される…という感じです。


そういう不具合のある建材がたくさんあって、次々発見され
改修が続けられるのが延長サポート期間で

それを終わると、新しい不具合が発見されても
誰も改修しない/できないという状態になります。


まずいことに、部分的には同じ設計の新しいOSがあるため
Windows7で発見された不具合が
「どうもVista,XPにもあるみたいだぞ」という検証はわりと簡単で
殊更に、放置されていることがリスクになります。



もっとも、現在の稼働数で言えば、Vista,XPは少ないので
ランサムウェアの被害では、7が筆頭となっていたりするんですが…

脆弱性を修正すれば受けないはずの被害が増えているのは
新しいOSとして過信し、7のWindows Updateを
怠っている利用者が大勢いるという状況にあるようです。

つまり、今はWindows Updateを受けている機体でも
延長サポートが終わった後は、同じように
被害を受けやすい状態になることが示されているわけです。


正確には、延長サポート終了日は、Windows Update日なので
通常は、その翌日から危険になるのではなく
翌月のWindows Update日に、Windows8.1以降との格差が生まれると考えられます。

ただし、Windows update前に適用されるような
重大な脆弱性が発見された場合は、その時点で格差が生じる場合がありえます。


逆に、重大すぎて、延長サポート終了済みのOSにも
特例として修正が提供されるようなこともありえるので
(過去に醜聞に関連したいわくつきであるSMBv1の脆弱性でのみ実施)

その線引きが、どうなるかはわかりません。


ただ、延長サポート対象エディションの拡大や
延長サポート終了日起算日のずれ込みが起きたことはあっても
延長サポート終了の予定が延期されたことはまったくありませんから
すでに確定した7の延長サポート終了日は、ずれることは無く

その日程を目安に、対応を用意せざるを得ません。


一般的にはパソコンの買い替えです。

ただし、XP時代に比べれば、パソコンの性能の底上げが起きていて
典型的なXP時代のPCであるPentium4やPentiumMでは無理なコンテンツが
Windows7搭載製品の大半で、それなりに利用できる状況もあり

であればこそ、Windows7のシェア低下がゆるやかな要因となっています。

それを受けて、Windows10への無料アップグレードサービスもあったわけですが
それを行なって、改めてWindows10をクリーンインストールすることもできます。

行なっていなければ、別途Windowsを買う必要がありますが
費用的には、合理性が無くなります。単品のWindowsは高価すぎるからです。


用途によっては、無料配布されているLinux系OSに入れ替えて
随時、セキュリティアップデートを受けたり、OSを新しくしたりしていけば
PC自体が壊れるまで使い続けられる見込みがありますが

すべてのPCでLinux系OSが動くわけではありませんし
FirefoxやChrome,LibreOfficeなど、Linux版があるソフトはいろいろあるとは言え

Windows用ソフトが動くわけではありませんから
誰もが、Linux系OSで済ませられるというわけではありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる