ナイトシーバス堤防でジグヘッドワームでの表層、中層の攻め方について。

ナイトシーバス堤防でジグヘッドワームでの表層、中層の攻め方について。 ナイトはスローからデッドスローで巻いてるので5gジグヘッドと7gワームでトータル12gで水深5m程度だと割とレンジが下がるように思えます…横の釣りをワームでしたい場合ほんとに3gジグヘッドや軽めのワームじゃないと表層や中層責めることができないですか? またシーバス用のそんな軽いジグヘッドありますか? 回答よろしくお願いします。

釣り88閲覧

ベストアンサー

0

がまかつやコアマンから3gジグヘッド出てますよ。 1つよろしいでしょうか? ジグヘッドの重さ+ワームの重さはリグの重さですが、シャッドワームは基本的に引けば浮く構造になってます。 ジグヘットが軽すぎると、水流があるところでは流されるだけで少し引くと水面を割るか水面直下で横になります。 ミノーのように移動重心でも後方固定重心でもありませんので、ワームの重さ依存だと飛行姿勢も安定しませんし、7gもあるワームなら空気抵抗も大きいでしょう。 飛距離は当然犠牲になりますし、前述の通り、流され易くなるので、短い距離(飛びませんから)を効果的に攻める必要があります。

回答ありがとうございます。 水深4m〜6m程の堤防でワームジグヘッドリグ15gくらいで、デッドスロー(ハンドル一回転秒)で引くとディップからズル引きだとわかります…デイなら早巻きか普通巻なので潮関係なく重くしてリトリーブ速度でレンジを操れるんですけどね。。

その他の回答(1件)