ここから本文です

自衛隊が違憲といっているのは、野党支持者(の一部)の人間。 自衛隊が合憲とい...

アバター

ID非公開さん

2018/11/621:49:43

自衛隊が違憲といっているのは、野党支持者(の一部)の人間。
自衛隊が合憲といっているのは、与党支持者の人間。

ですよね?

でも、『自衛隊は軍隊であり、英語では「防衛軍」なのに「自衛隊」と呼んで、憲法守ったつもりになってるだけの野党支持者』と言っている人がいます。

軍なのに「自衛隊」だから合憲といっているのが、野党支持者なんですか???
軍だから「自衛隊」は違憲といっているのが、野党支持者(の一部)ではないのですか?

単に、与党の支持者の頭がくるっているだけですか?

閲覧数:
197
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zer********さん

2018/11/1300:54:48

>自衛隊が違憲といっているのは、野党支持者(の一部)の人間。
>自衛隊が合憲といっているのは、与党支持者の人間。
>ですよね?

残念ながら違います。
どちらかというと逆です。

野党支持者の中で自衛隊が違憲だと言っている人のほとんどは、現状の自衛隊の使い方が違憲なのだと言っているのであり、自衛隊は合憲となるような使い方をしろ、と言っているのです。
一方、与党支持者の中の特に改憲派は、自衛隊が合憲だと言ってしまうと改憲する理由が無いため、自衛隊はその存在自体が違憲だという主張をしている人が多い。

今どき、自衛隊は違憲だと声高に叫んでいるのは、ほとんどが与党支持者の方だと言って構わないでしょう。


>軍なのに「自衛隊」だから合憲といっているのが、野党支持者なんですか???
>軍だから「自衛隊」は違憲といっているのが、野党支持者(の一部)ではないのですか?

違います。
野党支持者のほとんどは、「軍だから」とか「軍なのに」といった理由付けをする気はありません。

現状の自衛隊が違憲だという野党支持者の多くは、今の自民党の使い方では、自衛隊は戦力に該当してしまい違憲になってしまう。だから自衛隊が戦力に該当しないように専守防衛目的でしか使うな、そう言っているだけです。

そして、自衛隊を専守防衛目的でしか使わない、すなわち、武力攻撃を受けた時に実力で日本を守るためにしか自衛隊を使わないのであれば、自衛隊は合憲であり、同時に日本が改憲すべき理由もない。
護憲派の野党支持者はそう言っているのです。


>単に、与党の支持者の頭がくるっているだけですか?

これ野党を与党と打ち間違えたのですか?
でも、正鵠を射ているとも言えますね。

護憲派の野党支持者の主張がすっきりしているのに対し、与党支持者の主張はバラバラであると同時にねじれてもいる。

安倍首相を含む歴代自民党政権は、ずっと自衛隊を合憲だと言い続けています。
だったら、こと自衛隊については改憲なんてする必要は全く無いはずなのに、自衛隊を合憲にするんだとか言って改憲しようとしています。前提が合憲のはずなのに、合憲化するための改憲なんて全く無意味なはずじゃありませんか。多額の税金を使って改憲なんかして、国民にとってどんなメリットがあるのかさっぱりわからない。

一方、自称保守の面々の多くが、自衛隊はその存在自体が違憲であり、日本を守ることもできないと言う。
もちろんこれは砂川訴訟の最高裁判決も否定する、一部の自称保守改憲派の中でしか通用しない主張なのですが、だったら、安倍首相の言うような改憲をしたって、現憲法9条の1項、2項を残す以上、何も変わらないはずなのに、その与党を支持するというねじれっぷり。

改憲派の与党支持者が何を考えているのかさっぱりわからない。
ただ、改憲したいという自己満足を満たしたいだけのようにしか見えないということです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tec********さん

2018/11/623:55:44

与党というか自民党は以下の案を持っているので、現9条に問題があると考えている訳です。自民は違憲とも合憲とも断定していません。その判断を下す事ができるのは司法だけだからです。違憲であるという憲法学者がいる、という程度にとどめています。

九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

----------------- 追記
第9条の2
(第1項)前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。
(第2項)自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

共産党は「自衛隊が違憲である、違憲であるが現在は必要であるので容認する」という立場です。必要なら違法でも認めるという事になるので、危険思想だと思いますがw

9条改正不要論者は「自衛隊は合憲であり、任務に支障はない」というものですね。司法が違憲と判断していなければ合憲です。改正派には、合憲だから違憲だからという基準ではない人も当然いると思います。個人的には自民草案が現状の自衛隊を正しく表しているので、そのように変えればスッキリして良いと思います。違憲/合憲の不毛な論争も終わります。

spe********さん

編集あり2018/11/700:08:10

日本は法治国家ですので違憲の組織は運用できません。

防衛省は
「自衛のための必要最小限度の実力を保持することは、憲法上認められると解しています」
と公式見解をホームページ上で公開しています。

自衛隊の運用を肯定すると言う事は、積極的にしろ消極的にしろ現憲法下で合憲という政府判断を支持しているという事になります。
それに野党支持も与党支持も関係ありません。

与党支持者は国民の過半数です。
過半数の国民が頭が狂っているとは全く思いませんし、そういう単語を平気で使うほうがどうかしていると思いますね。

sz2********さん

2018/11/621:58:42

普通に憲法を読めば自衛隊は違憲。しかし自衛隊は本来合憲どころか、国防軍として明記すべきもの。

これ以外の事を主張するものは、詐欺師或いは自分すらも誤魔化している嘘つき。

そう、野党支持者は詐欺師だし、与党支持者も嘘つきだ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる