ここから本文です

土地境界線測量の立会いの依頼を受けました。

アバター

ID非公開さん

2018/11/700:32:56

土地境界線測量の立会いの依頼を受けました。

50年以上前に建てた実家ですが、隣のアパートの所有者が変わり、境界線の目印が付いておらず測量してはっきりさせたいようです。

立会いの依頼書を受け取った時にちらっと、「こちら側がはみ出したりしてるんですかね?」と聞いたら、門の一部が10センチ位はみ出ているみたいなんです。

なんの知識もないので、測量士が「ここだ」って位置が本当に正しいのか判断も出来ず、ただ立会って印鑑を押して良いものか分かりません。

先方所有者からは、はみ出してる部分に関して何も言ってきていないので、何と言われるのかも不安です。

経験のある方、専門知識をお持ちの方、よろしくお願い致します。

補足詳しくご説明頂き、ありがとうございました。
昨日、調査士のかたにお会いしました。
実際には20センチ位、門柱まるまるはみ出した状態でした。

境界線の印を付けてから、今後は先方所有者との協議次第との事でしたが、順番はあってますか?
印(杭?)を付けられたら、異議申し立てをする事が出来なくなるのではと、不安です。

閲覧数:
248
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dak********さん

2018/11/901:46:14

実家・・あなたの嫁入り前の実家ですか?

で、あなたに管理者としての話が来るということは、相続人のうち一番、利害関係を有しているのが嫁に出たあなたってことですか

ならあなたもそんなにその土地に固執はないでしょう

目くら判ついてあげたらいいんじゃないの

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

big********さん

2018/11/1110:16:37

回答にはなっていないかもしれません。

土地家屋調査士として測量をしておりますが

相手方に20㎝もはみ出していると判断し現地にポイントを示し立会をするとき
かなりの神経を使います。
その場合 隣地の敷地も測らせてもらう または、道路水路に囲まれた1街区を測量し、測量成果や、地図や公図、過去の空中写真などいろいろ比較してそれでも 20cmはみ出していると判断するならば、はみ出している側の人に説明しある程度納得された場合に 現地に示して立会という形をとっています。

筆界は土地家屋調査士である私が決めるものではなくて、筆界点であると思われるところを探索するお手伝いをするという感じで私自身は思っております。

土地改良や区画整理事業の成果である座標値で他の境界と比較して誤差程度なのか、全く乖離しているのか?その乖離したところに錯誤があるのか ないのか などなど 調べた上で 人証、過去の記憶などを総合的に加味して、求めていくことになるのかと。

なので、いきなり20㎝はみ出した状態でポイントを示し あなたの門柱は はみ出していますなんていうと不信感しか出てこないので、かなり気を使います。

土地家屋調査士にもいろいろおられます。
はみ出してますなんてのとは逆に トラブルを起こさないために現況主義でされている方も 法務局備付の地積測量図から感じることもあります。

本当に不審に思われるならば こちらの土地も測量してみますからといって保留されるのもいいのではないかと それなりに費用は掛かりますが。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbn********さん

2018/11/808:44:44

①、土地と道路を含めた「筆界線や境界確定図」の作成は、土地地積
の更正登記手続きもあり、土地家屋調査士が適切かと思います。
但し、土地家屋調査士が境界線を決定ではなく皆さんで決めるのです。

②「筆界線や境界確定図」を決めるには、法務局登記係の地図や土地
地積図、近隣関係者の土地登記簿謄本、国土調査図面、境界確定図等
の関係資料をお互いに有利な資料をだし、現状とを確認するものです。

③、過去に親が境界排水路を移動拡大や同意立会なく塀の設置もあり、
現状に至って昔からと言う等、お互いに負の遺産トラブルもあります。
お互い良策を求めて、今回で決める努力し同意署名と捺印が大切です。

④、お互いが納得され、道路幅員を含めた筆界線や境界確定図にこの
図に異議なしと同意書名と捺印。確定図作成の後に境界コンクリ-ト
杭を打ち、その図の写しを必ずに頂くことが最良です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ech********さん

2018/11/805:56:34

調査士は、境界(線)に関し、どちらの味方でもありません。境界標(境界点)は、当事者通しや調査士が決定できるものでもありません。あくまで、調査資料に基づき、境界点とおぼしきポイントを明示しているに過ぎません。
ゆえに、立ち会って相手の説明を受けないことには何事も始まりません。今から無用な心配を抱え込んでいることはありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

lol********さん

2018/11/722:45:16

測量士でなくて、土地家屋調査士でしょう。
この資格者は筆界を極める者で占有界を極める者では
ありませんので、調査士は何も言わないはずです。
問題は、隣接者がどう言うか、調査士がどうまとめるかの
話です。
越境してれば、将来是正することを約束すれば済む事が
多いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dam********さん

2018/11/709:08:56

相手の費用負担で土地家屋調査士が
測量して境界を確定させてくれるのですから
喜んで立ち会うべきと思います。
もちろん、そこが境界である説明に
納得できなければ、署名捺印はできません。
隣地を測って越境しているという説明だけでは
納得できません。
自宅の土地を購入した際に受領した地積測量図
とか、境界を説明した図面とかあると思いますから
持参して、あなたの土地の間口がきちんとあるのかを
測ってもらいましょう。越境している分だけ
間口が広くなっていればよいわけです。
広くなっていなければ、そこが境界では納得できないし
越境もしていないと主張するしかないです。
道路や側溝の工事、地震などにより面積の増減など
よくあることです。双方で現在の門の位置を境界とする
というのが合理的解決方法です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる