ここから本文です

職務質問が任意な理由は何故でしょうか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/723:44:17

職務質問が任意な理由は何故でしょうか?

職務質問を強制にして、犯罪を未然に防ぐ事も有ると思いますし犯罪者を逮捕する事だってできると思うのですが、、
しかも、職務質問が任意だと一般人は職質に応じても犯罪を犯した後の犯罪者に令状が無いなら任意だと言われたら終わりですよね?

閲覧数:
122
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

poo********さん

2018/11/1310:08:41

職質を仮に強制にしたとします。

これから飛行機で海外に仕事やレジャーで出かける市民が空港に行く途中で警察の職質に遭ったとして、職質が強制だった場合に時間を取られてしまうと飛行機に乗り遅れてしまい、次の便が簡単に取れない場合もあり、予約外で席を取れても予約した場合の数倍の料金を取られて実損害が出てしまう場合があります。

仕事で航空機出張する人は出張にいけなくなり、出先での商談が不意になったりして、金銭的な損害を受ける場合もあります。

家を出てこれから仕事に出かける人などは、途中で職質に遭ってしまうと会社に遅刻してしまうことにもなります。

家族が危篤ですぐに病院に行かねばならない時に職質に遭ってしまうと、家族に最後に会う事もできなくなります。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111823598...
素直に従えばすぐに終わるとよく書き込まれる方がいますが、上記のように素直に従った結果、5時間も時間を取られた人もいますので、素直に強力すればすぐに終わるという保証はどこにもありません。

このように、職質が強制になってしまうと、市民生活に多大な悪影響を及ぼす可能性があるというわけです。

ここまで市民生活を破壊してまで職質の強制が必要かというと、そこまでやる必要はないという人がほとんどでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tad********さん

2018/11/1116:05:52

第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

と、決めてあるからだ。

rio********さん

2018/11/1116:03:43

そもそもが平等じゃないから憲法違反になるんじゃないですか?
それと時間をとるわけですから、手当は出さなくてはならなくなるでしょう。

tai********さん

2018/11/1104:10:59

>職務質問を強制にして…
と言われますが、それは所持品検査の事ですよね?
本来の職質とは『質問する』だけの行為なんで、強制するのは物理的に無理です。
喋れない人も存在しますからね。
そして所持品検査は『質問と同じ意義』迄が容認されてます。
「それ何?」と
「それ触らせて」
は同じって感じです。
『調べてみないと分からないから』と、外見に合理的な不審点が無いから中身を見せろと要求するのは『捜索』なので令状が必要です。
つまり裁判所が納得して令状が出る様な状況なら、そこで任意の職質から強制移行すれば良いので、職質の役目は終わっても効果は得られます。
何にせよ、職務質問を強制にする事と所持品検査を強制にする事は別の話しとして考える必要あります。
所持品検査の強制は警察に権限を与え過ぎだと思えます。
本来の職質から外れる所持品検査が強制なら、家宅捜査も抜き打ち強制が認められる話しにだって膨らみます。

↓『職質は強制』と言って自作サイトのリンクを張っている元警察さんの解釈は間違いです。
『任意としているのは…、行為の一部だけ』
と言ってますが、その規定では『合理的に犯罪に関わると疑うに足りる者を…、停止させ質問することができる』に対して『拘束、連行、答弁は強制されない』と定めているので、物理的に強制する手段を警察は持ってません。
重大性や緊急性が高い事案には警察の強制的な対応が裁判で容認されてもいますが、簡単に言うと職質が『任意』なのは弁護士曰く法曹界の常識です。

cha********さん

2018/11/909:12:43

こんにちは。
法をネットの噂やイメージだけで考えていませんか?

質問への回答と言うよりも、キチンとした情報の提供だけで質問は解消するかと思います。


まず、職質は今も、昔からも、元々強制権限です。

任意としているのは警職法第2条3項で規定している職質に伴う行為の一部だけです。

職質自体が任意とする決まりはどこにも存在しません。
法の条文にも、裁判例にもありません。
この辺りに興味があればどうぞ。
https://note.mu/chakufuta/n/n14baff73e1b4




次が職質からの逮捕ですが、職質と逮捕は法的根拠が全く違う、全く別の権限による行為です。

事件の端緒が職質だろうと、完全な任意行為や偶然だろうと、逮捕する行為は刑事訴訟法による手続きに移行します。

職質で判明した場合には、職質権限の延長で逮捕するかどうかを考えるわけではありません。




令状が不要でもバンバン行使できる職質が強制権限だと言うことからもわかるように、強制権限には色々と種類があり、中には令状が不要だったり、令状が後からで良いモノも存在します。


法はそんなに相談者さんが思うほど単純、簡単な作りにはなっていませんのでご安心下さい。



あくまでも個人的な意見なので参考程度で。
お邪魔しました。

myl********さん

2018/11/723:56:11

職務質問が任意なのは建前上ですよ。
答えないって事は明らかに不審なので有形力の行使が認められます。
つまり逃がさないぞって事ですね。
多人数で囲んでも良い。
余程法律に詳しく、時間にゆとりが有り何日でもこのままで居るのか?弁護士呼ぶぞと道端で頑張れる人じゃなきゃ無理ですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる