ここから本文です

日独伊三国同盟を最初に提案した国はドイツですか?日本ですか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/803:29:53

日独伊三国同盟を最初に提案した国はドイツですか?日本ですか?

閲覧数:
51
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ous********さん

2018/11/916:47:44

防共協定と三国同盟は根本的な性格の違いがあった。防共協定は読んで字の如くコミンテルンとソ連を対象にしている(軍事同盟でもない)。いっぽう三国同盟は主としてイギリス、フランス(後にはアメリカも)を対象にした軍事同盟である。

防共協定の締結後、ドイツからこの協定の強化という形で交渉の提起があった。イギリス、フランスを対象にした軍事同盟にまで発展させるということである。これに日本側で協力したのは大島浩、ドイツではリッベントロップであった。

平沼内閣の外相の有田や海相の米内らは英仏を対象にした軍事同盟は対米戦争にもつながりかねないとしてあくまで反対したが、自動参戦規定をのぞくならいいだろうという所まで妥協した。しかしこうして日本側が逡巡している間に独伊は枢軸同盟を結び、かつ独ソ不可侵条約を結んだため、平沼は「複雑怪奇」として交渉から離脱した。

次の三国同盟の交渉は近衛内閣の外相松岡の側から提起される。この間第2次大戦が勃発し、1940年のドイツのオランダ、フランス占領などへの快進撃をみて陸軍は東南アジアの英仏蘭植民地の日本への取り込みというねらいを優先していく。いわゆる南進策である。そのためにはドイツ側に立つ必要が生じてくる、松岡も独自に構想しソ連とは不戦体制を築きドイツと手を組むことを策す。ただしアメリカを刺激しないようにするため自動参戦規定は外す考えだった。しかしこの規定は玉虫色の決着のまま三国同盟は結ばれた。

つまり最初の失敗した交渉の時は、ドイツからいってきたが、あとの交渉は日本側のほうが積極的であり非常に拙速に十分な考慮もせずに結んだ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kyo********さん

2018/11/907:08:53

日独伊三国同盟はそれまでの日独伊防共協定を補完、発展させた条約です。
当初の日独防共協定が締結されたとき(イタリアは後に参加)最初に日本側に接触したのは総統アドルフ・ヒトラーの信任を得ており、軍縮問題全権代表の地位にあったヨアヒム・フォン・リッベントロップでした。
ですので大本をたどれば最初に同盟関係を持ちかけたのはドイツだということが出来ると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる