ここから本文です

詰め将棋歴1年くらいやってますが、いまだに3手詰めが解けません。正直向いてない...

アバター

ID非公開さん

2018/11/818:34:26

詰め将棋歴1年くらいやってますが、いまだに3手詰めが解けません。正直向いてないですかね?この問題に限らずですが、30分以上考えてますが、解けません。考えすぎて熱が出るんじゃないかレベルです。ほんとにほんと

に分かりやすいコツ教えてください。http://imgur.com/A3u95PT.png

閲覧数:
201
回答数:
12
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

g00********さん

2018/11/911:38:29

玉が行けるところとその対応
3一には2二竜、
3三には2三竜、
4三だけが詰みません。

玉を4三に行かせない手を考えます。
2一馬がよさそうですが、
1一に馬がないので3三玉で詰みません。
3三金打ちがいい手で
同銀は、3三玉と行けないので2一馬まで。
同玉は2三竜まで。

指し将棋はしません。
詰め将棋を考えることが好きです。
慣れれば20秒から5秒で詰みます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nik********さん

2018/11/1208:12:24

これは43の歩を取られたらおしまいなのでまず21馬で歩を守る。

しかし33に上がられると詰まないので金を打って同銀と取らせて21馬。

同玉と取った場合に玉が馬筋に入ったので23竜。詰み上がりはこれがきれいなので正解かも?でも21馬も正解。

私でも1-2分考えた。多分初心者が考えても無理。頭で考えるより始めは何故これで詰んでいるのか考える事だね。^^

hir********さん

2018/11/914:45:44

図を見て最初に考えることは、王がどこに行くと詰む気がしなくなるかです。

リンク図の場合だと43王の移動を許したくないということです。

43王を許さない王手は2一馬、2三竜、4二金打、3三金打、あたりになります。
この4つのうち4二金打は同歩、2三竜は同金とされたとき1手詰が見当たらないので却下。問題が3手詰と分かっている時はこのような判断ができます。

残る手段のうち2一馬はやはり3三王と移動されるとあと一手で3四に逃げるのを防ぎつつ詰ませる手段がみあたらないのでやはり却下。

最後の選択肢3三金打。3三同銀だと2一馬で詰み。2二の金は動けないので同王しかありません。そしてここであと1手で詰む手段があるでしょうか?実は2三竜とすれば2二の金は1一に馬がいるので動けないので2三同金とはできません。2三竜を取れないなら王が移動して逃げなければなりませんが、逃げ場もないのでこのまま詰んでいます。



さて、リンク図の3手詰を解く過程を具体的に記述しましたが、おそらく質問者様はこの説明でもまだしんどいのではないかと思います。

冒頭の2行の内容、後半の「3三同銀なら2一馬で詰み」と記述した箇所。これらがスッと無理なく受け入れるレベルになっていなければこの3手に挑戦するレベルになっているとはまだ言えないので1手詰の練習等他にもっと簡単な事に挑戦してからのほうがよいかもしれません。

ous********さん

2018/11/909:27:57

貴方より下記コメントがありました。

『初心者が強くなるには詰め将棋がいいとききやっております』

これは人によります。
詰将棋から始める人、定跡から始める人、対局から始める人。

私が将棋を始めた時、詰将棋は殆どやりませんでした。

貴方は詰将棋に向いていないと思います。
駒の働きを十分理解していなく、そのため解く行為が
苦痛と感じていると思います。

それなら定跡を学習するとか…別の方法をトライしては
いかがですか。

定跡学習は解く必要がなく、棋譜に従って一つ一つ駒を
動かします。
駒の働きを少しずつ把握していけば、いつか詰将棋を
再トライした時に役に立つと思います。

私はこのパターンでした。

貴方より下記コメントがありました。

『初心者が強くなるには詰め将棋がいいとききやっております』...

ker********さん

2018/11/908:58:44

詰め将棋は相手の駒の効きが集中しているところに駒を捨てる問題が多いです。
(焦点と言います)

この問題で言えば33の地点ですね。

さらにこの問題では3手目に龍で王手をしますが、龍を取ると馬の効きで王様が取られてしまいます。

こういう詰みのパターンを詰み形と言って、たくさん問題を解くとパターンが身体に染み付いて勝手に手が動くようになります。

詰め将棋の問題は無数にありますが、詰みの形は同じようなパターンが多いのです。
なので質問者さんももう少し辛抱すれば、パターンを身体が覚えるようになりますよ。

tas********さん

2018/11/908:05:34

詰将棋を解く過程は幾つかのパターンがあります。
この問題は詰みの形が見えて読みで確認するパターンでした。
まあ3手詰めというのは殆どそういったパターンですね。
このようなケースでは詰みの形を多く知っている必要があるでしょう。

この問題は馬と竜の利きで受け手の守備駒を身動きとれなくするという
テーマがピンときます。
遠く離れた歩に攻めの駒を利かせて取られないようにするには
竜だとこの位置、馬だとこの位置、というのも分かります。

追いかけて詰みの形に追い込むか、駒を捨てて詰みの形を作るか
ですが先ほどの竜か馬で歩に利かすためには追いかけると
片方で利かすことに限定しますが金を捨てると相手の出方で
どちらでも対応できると分かる訳です。

ただ竜で歩に利かす場合は守備の玉の陰になるので
初心者には頭の中では把握し難い形かもしれません。

詰将棋の初心者は暫く考えたら回答を見ていいと思います。
それによって詰みの形を覚えるからです。
詰将棋における手筋というのも覚えられます。

またスマホ用の「詰めパラ」というアプリがあります。
これは自分が指した手に対してアプリが最善の受けを指すので
詰将棋を解くには反則のような気もしますが
難しい詰将棋をやってみようと言う気になり楽しいです。

詰将棋の難易度はレベル1から30まであり問題は日々増えています。
無料ですしお勧めです。

プロ棋士でも1手詰めや3手詰めを見落として負けることもあります。
そういった他人のミスを慰めに使うのは良くないかもしれませんが
自分を奮い立たせる理由になることも事実です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる