ここから本文です

もし、第三次世界大戦が起こったら、その時の政府の判断・対応は?

r00********さん

2018/11/823:36:59

もし、第三次世界大戦が起こったら、その時の政府の判断・対応は?

何を優先する?





*バカなので出来るだけ簡単に説明よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
120
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yum********さん

2018/11/1114:33:22

日本はアメリカに追従するための対応を取るだけだと思います。国民を守る行動は、太平洋戦争や原発事故の対応を見て明らかで国民を捨石にはしても守らないと思いますし、正しい情報は国民に発信しないと思います。

米国は日本を「植民地」に見せないけど、実質統治していると思います。米は防波堤・軍事拠点・資金提供国・米国政の支持国として日本を第二次世界大戦をおこして獲得したと思います。

戦後も主権は日本にある様には思えないと思います。政府は米国や世界に資金を提供し、その資金を国民から如何に徴収するか、マイナンバー制度然り、税法の改正然り政府がやっているのはそれだけです。日本郵政解体やNTTの民営化も米の要望でした。

米国債を日本はたくさん買っていますが、換金(売る)することは許されないでしょうからあれは実質献上金です。軍事機を買ってあげてるのも日本の防衛のためというより米国の軍事拠点(日本の米軍基地)強化の為なのでこれも、資金を出してあげてるだけ。日本は軍事機を買っても好きなようには飛ばせず、米の指示で飛ばすのですから。

日本は米の起こす戦争の最前線になる国です。
後ろに控えるグアム、サイパン、ハワイ全て米国は軍事基地として利用していますね。米の本土防衛のためです。

作りたい戦争を正当化して起こす力がある国は英国と米国。
で実質起こさせてるのはユダヤ資本(ロスチャイルド)だと思います。
ナポレオン戦争、日露戦争の時からユダヤ資本が使われてきました。国を相手にお金を貸せる大金持ちです。スエズ運河のお金を英国に貸したのもロスチャイルドです。
日露戦争はユダヤ資本で日本は英国に出兵させられて戦いました。勝っても何も得るものがない戦争です。露を消耗させるため戦争。

江戸幕府が倒れたのも、日本の田舎の武士が倒せたと思いますか?
土佐、薩摩の後ろには潤沢なイギリス資金があり、江戸幕府は英国相手に勝てないのを知って、流血なく城を明け渡しました。明治政府は英国が作ったも同然です。明治天皇の幼少期の写真と維新後の写真を見比べてみてください。別人です。

その後、ドイツも日本もやむなく戦争を起こしたように見せられたと思います。明治政府は内戦に見せかけて日本人がたてたものと見せかけていましたが、戦後の日本は、連合国に従わねばならない国と国際的に認めさせられる形で主権を奪われた状態の国になりました。
米にとっては植民地を持っている国と思われず、実質日本を統治できるので、理想形だと思います。

長くなりましたが、ただただアメリカ追従、国民を向かない(徳川は向いていた)、米に資金提供し、地理的に最前線で戦わされるように思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「第三次世界大戦」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pek********さん

2018/11/823:44:07

相手がアメリカ以外の国だったら安保条約で守ってもらえるんじゃないですか?

予備的な感じで自衛隊派遣もあり得る。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる