ここから本文です

著作権に関する質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/11/1017:50:25

著作権に関する質問です。

クラシック音楽の作曲家であるパウル・ヒンデミット(1895 ~ 1963)の書いた曲の著作権はもう消滅して楽譜とかを自由に閲覧したりしても大丈夫ですか?

閲覧数:
61
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sda********さん

2018/11/1106:23:32

ヒンデミットはアメリカに亡命してアメリカ市民権を獲得しているので、アメリカ市民権を得てからの作品(1940年以降の作品)は著作権の戦時加算の対象となり、作品によっては著作権が消滅していないものもあリます。例えば「ウェーバーの主題による交響的変容」はアメリカ亡命後の作品なので著作権は生きています。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wiw********さん

2018/11/1020:14:26

死後50年でフリーになるんでしたよね

のはずなんですが、「原本はフリーだが、ウチラの出版社が出した楽譜は、ウチラに著作権がある」という理屈らしいので、

楽譜に金を出せというのが出版社様の理屈だそうです

原本は一般人でアクセス出来ないですしね、ネットで公開も無いはず

どっかのハッカーが公開してくれたらいいんですけど

なので楽譜を買えばいいという、著作権消滅のメリットが無いような結論じゃないでしょうか

gdj********さん

2018/11/1020:10:37

閲覧自体は出版されているならいつでも購入できるし、図書館にあれば借りて読むこともできるから著作権とは関係ない。


http://vcmorizo.hatenablog.com/entry/2016/12/28/144304

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる