ここから本文です

地球温暖化なんて全く問題ないですよね! 50〜60年で枯渇する石油は火力で燃や...

xvs********さん

2018/11/1118:59:58

地球温暖化なんて全く問題ないですよね!

50〜60年で枯渇する石油は火力で燃やし尽くせば、あと逆立ちしても、人工的に大量に出ないじゃん!

閲覧数:
55
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sec********さん

2018/11/1216:17:18

気温が上がると、
植物の呼吸が亢進して、CO2が増える。
海に溶け込むCO2が減る。
森林や土中の有機物の分解が進みCO2が増える。
永久凍土の下にある大量の有機物が腐敗して、メタンやCO2が大量に発生する。
北極の海氷や南極の棚氷が減少すると、深海の水温が上がり、海底のメタンハイドレートから大量のメタンが放出される。
など、地球には、気温が上がると、温室効果ガスがさらに増えるという仕組みがあります。
2015年には、人工的な排出量は頭打ちになりましたが、大気中のCO2濃度は大幅に増え続けています。
自然由来のCO2が増えている可能性があります。
つまり、人間が排出を止めても、CO2は増え続けるという温暖化の回帰点を、すでに超えてしまっているかもしれません。
金星と地球は、元素組成がほぼ同じです。大気圧も、海水が蒸発すると似たようなものになります。CO2濃度も、海と地表と近くに含まれる炭酸塩などが遊離すれば、似たようなものです。
勿論そうなれば、特殊なバクテリアぐらいしか生き残れないでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ann********さん

2018/11/1306:45:00

発電ではとっくに脱石油に向かっています。

知識も知能もたりない権力もない庶民が、世間を嘆いても何もならないと思います。

毎日、自然を肌で感じたら、空を見上げたら、心が洗われるようにおもいます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiy********さん

2018/11/1219:28:59

50〜60年で石油は枯渇しません。
40年前、埋蔵量からみて40年で石油は枯渇するとされていましたが、現在でもあるし、むしろ当時よりも産出量が多くなっています。

探鉱技術と採掘技術の発達を考慮しなかったため、枯渇の予想は大きくはずれました。
今後も探鉱技術と採掘技術の発達は続きますし、不足ぎみになって価格が上がると、まだ生産を開始していなかった高コストの油田も稼働して、生産量は減りません。

石炭とシェール革命で大幅に生産が増えた天然ガスはそれぞれ数百年分の埋蔵量です。いつまでもCO2濃度は上がり続けるでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2018/11/1208:13:30



結論を言うと、『似非科学』なんかをやってる場合じゃあないのでしょうね!真の本当の科学、真実のを持ってくる必要があるのです。頭の良いひと?にいろいろと考えて貰いましょうよ!(自分でも考えてください。)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる