ここから本文です

グランドセイコーやカンパノラには息を呑むほど美しい時計がたくさんありますが、...

tay********さん

2018/11/1303:40:57

グランドセイコーやカンパノラには息を呑むほど美しい時計がたくさんありますが、ソーラー電波の時計がこれらの領域に達することはあると思いますか?

またはGSやカンパノラに是非ソーラー電波を作って欲しいです。
もちろん機械式の秒針の細かい動きとか、ムーブメントも含めて芸術品というのは分かるのですが。年差クオーツが世界トップの技術の結晶であることも分かるのですが。
金無垢まではいかなくてもラグジュアリーなソーラー電波時計が欲しい…。
今の私は背伸びしてdolceやエクシードという感じが丁度いいのでこれらを使っていますが、いつかGS買える頃までにソーラー電波化されてるといいなあ。
その前にアップルウォッチにSEIKOもCITIZENも駆逐されてなければいいですが。
どれくらいで僕の夢は叶いますかねえ…。

閲覧数:
938
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ker********さん

2018/11/1723:35:32

高額な時計はメーカーも売りっぱなしにはせず、メンテナンスをして長く使えるようにアフターサービスを充実させています。

大切に長く使うためには、電波ソーラーと言えども、数年ごとに防水パッキンの交換が推奨されています。

そう考えると、機械式のオーバーホールは勿論ですが、高額な時計は、ダイヤルの素材やデザインに制約がある電波ソーラーにするより、高級感のあるダイヤルに、高精度なクオーツで電池交換ごとにパッキンも交換した方が良いということじゃないでしょうか?

また、高額な時計は、当然ながら精度も追求していますので、さほど精度の高くないクオーツを 電波やGPSで補正するのは、そもそものコンセプトが違うと思うのですが?

飽くまで、時計好きの個人的な考えですのて、あしからず。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2018/11/1504:35:45

ソーラー電波と機械式では製品としてのコンセプトが違います。

ソーラー電波でラグジュアリーモデルが登場する可能性は多分にありますが。

かつて、GSにもセイコーのお家芸であったクォーツモデルがありましたが、後年の市場価値は高いとは言えません。外装が良くても中身は廉価の汎用モデルとさして変わらないからです。

今のGSのコンセプトは(社内的に)同社の人材が技術革新において如何なる分野・方向に進もうとも、機械式時計の頂点を極めることで、セイコー・スピリットの原点を見失わないためと技術の継承のために製造されているといった感があります。

よって、GSのソーラー電波モデルが登場することは通常考え難いと思います。

gtc********さん

編集あり2018/11/1405:59:48

ご存知のように、日本のソーラー電波時計は、時計産業に於ける世界のガラパゴス技術です。
CITIZENやSEIKOは、それだけをやっていればいいメーカーとは違い、飛び道具に頼らない、時計メーカーとしての技術と美しさを併行して追求しています。

カンパノラ(クォーツ)のコンセプトは、まだ手がつけられていない分野──「複雑機構と美の両立」ですが、CITIZENの技術を以ってしても、既にそのケース厚やケース径は、存在感としてアピールできる範疇の限界ギリギリにまで達しています。
これに電波受信機を内蔵するとなると、更に分厚い作りになるばかりか、
時計機構と独立したムーンフェイズ機構や文字盤全体を回転させる星座盤機構との整合性が保てなくなります。
質問者様も「なぜアナログの電波時計にムーンフェイズが存在しないのだろう」という疑問を持たれたことがお有りではないでしょうか。

わたしが今後注目したいのは、オメガやカルティエを抑えて(1位アップル、2位ロレックス)世界第3位の売り上げ高を誇るフォッシル社とCITIZENの、スマートウォッチ製造の業務提携です。
https://www.citizen.co.jp/release/news/2018/20181003.html
両社はミヨタムーブメントの供給で既に太いパイプを持ちますが、
既に世界の最先端技術では無色透明のソーラーセルが開発されていることから、もしもこれにエコドライブ技術を導入することができれば、そう遠くない未来には毎日の面倒な充電から解放されるスマートウオッチが誕生するでしょう。
現在はその黎明期に当たり、現段階ではEco Drive Bluetoothがその役割を担っている...と、個人的には考えています。
消費電力の点で不可能かとも思えますが、CITIZENは既に、莫大な電力を必要とするはずの年差±1秒のエコドライブを、省エネルギーと高効率技術によって克服しています。
https://www.webchronos.net/blog/19332/

https://youtu.be/DMU1jGCvYkg

因みに、
現在質問者様がお使いの電波時計を一日一回受信させた場合の一日の誤差が±0.5秒。
もし仮に、一時間ごとに強制受信させても60分間に0.02秒の誤差を持ちます。
一方で現行の年差時計(年差5秒)は、最大でも一日に0.01秒台の誤差ですから、一か月放置したとしても最大で0.4秒台の誤差に収まります。
これが、年差時計に電波受信機が無意味な理由ですが、こうして見れば、年差1秒の光発電時計を開発したCITIZENの意図もお分かりでしょう。


カンパノラ ムーンフェイズ
エコドライブ

ご存知のように、日本のソーラー電波時計は、時計産業に於ける世界のガラパゴス技術です。...

プロフィール画像

カテゴリマスター

hot********さん

2018/11/1311:56:32

もちろん技術的には出来ると思いますがブランドとしてやらないのはと思います。

年差5~10秒の時計に補正はいらないですし、人気もあまりでないと思います。

toy********さん

2018/11/1311:55:28

クオーツの登場で機械式時計が全く売れない時期があり、機械式が見直され、高くても買う人が多いですが、電波ソーラーが爆発的に人気になり、売れれば高級路線もあり得ますが、残念ながら売れないでしょうね。
現に微塵も欲しいと思わないですからね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kot********さん

2018/11/1311:44:45

貴殿の夢は叶わないと思います。
物価は上がっても給料は増えないというこの時代。今後もそれが改善される見通しはありません。そして貴殿の仕事はAIよって失われます。今現在、背伸びしてdolceやエクシードの貴殿には「いつかGS買える頃」というのはもう訪れる事はないと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる