ここから本文です

火力発電所はどんな技術が向上してきたんですか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/1409:43:59

火力発電所はどんな技術が向上してきたんですか?

閲覧数:
19
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

GTCC(ダブル・コンバインド・サイクル=発電効率概ね60%)やSOFC(トリプル・コンバインド・サイクル=発電効率70%)と言う様なとんでもない高効率の火力発電の進化があり、技術の向上が顕著であります。

http://asumo.in.coocan.jp/study/r101.pdf

【トリプルコンバインドサイクル発電は、燃料電池である SOFC で発電を行い、 ガスタービンコンバインドサイクル発電システムと連結を図るシステムである。 三段階で電気を取り出すことから、その発電効率は 70%に及ぶとも試算され ている。極めて高い熱効率を達成することから、将来の火力発電にとって有望 な選択肢の一つと成り得る。】

GTCC(ダブル・コンバインド・サイクル=発電効率概ね60%)やSOFC(トリプル・コンバインド・サイクル=発電効...

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/15 09:27:32

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

beg********さん

2018/11/1411:21:37

コンバインドサイクルと呼ばれる熱効率が大幅に向上する技術の確立ですね。
つまり、ガスタービンで発電機を回し、更にその熱で蒸気タービンを回す方式です。従前の火力発電の熱効率40%程度が60%を超えるものが出現しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる