ここから本文です

サンライズ出雲、瀬戸の後継車両はいずれ製造される可能性ありますか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/1412:00:33

サンライズ出雲、瀬戸の後継車両はいずれ製造される可能性ありますか?

JR東日本、東海、西日本、四国、費用分担は3:3:3:1、サンライズ出雲はJR四国には入らないのでJR四国のみ1割負担の共同開発にすれば、開発費も抑えられるのではないですか?

閲覧数:
241
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rap********さん

2018/11/1414:31:05

JR東日本とJR四国は開発には携わらないでしょう。
JR東日本が新型車両を開発するのであれば、自社線内(首都圏-信州方面や東北方面など)での運行を前提に既に開発しているはずです。
実際はそれをしていないのですから、その気がないと言っても過言ではありません。
JR四国に至ってはそのような予算もないでしょうから、現状通り車両使用料を支払う方がましでしょう。
ですので285系の後継車両が製造されるとしても同様にJR西日本とJR東海との共同開発になるでしょう。


なおJR西日本は新たな夜行列車の運行に前向きです。
既存の117系車両を改造しての運行を2020年春に開始する予定で、好評であれば新型車両での後継車両の製造に着手するでしょう。
http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12409.html
http://www.westjr.co.jp/press/article/items/180523_01_design_1.pdf
発表では「新たな長距離列車」となっていますが、車内設備を見れば夜行列車である事は一目瞭然です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

g89********さん

2018/11/1507:32:45

作るなら、東海しかないでしょう。西日本には、新車の開発能力ありませんから。東海も、メリットないですから、今の車両で、終わりの様に思いますが。

ell********さん

2018/11/1415:37:56

新幹線の車両みたいに著しくダメージを受ける事は少ないから
補修・交換用の部品の確保に目処がつく限り後継車両の開発はしないだろう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

myg********さん

2018/11/1413:17:36

JR東日本はやる気はありません。クルーの拠出(東京-熱海を担当)でも組合がぶーたれているくらいです。

JR四国はそんな余裕はありません。時々思い出したように行う琴平延長運転は、車両使用料の相殺目的です。

従って、やるとすれば、現状と同じJR西日本3:JR東海2でしょうね。

ただ、人気がある列車なのですが、現状の運賃・料金体系ではほとんど儲かっていないと思います。だから後継はできないに一票。

ts4********さん

2018/11/1412:34:20

JR西日本で後継車両を造っている最中ではないでしょうか?JR西、新型寝台列車などと検索してみては?

ただ後継車両かどうかは定かではありませんがね。

sak********さん

2018/11/1412:27:52

285系はJR西日本主体で東海との共同開発です。
後継が造られるとしてもこれは変わらないでしょう。
JR 東日本、四国共に末端区間だけで運行距離が短すぎますし。

後継は無理なのでは・・・と思います。
他の寝台列車が285系相当の車両を用意せず廃止になって行ったことからも、わざわざ安くない寝台列車を使う時代ではありません。

サンライズ出雲・瀬戸は285系が老朽化でどうにもならなくなったら廃止でしょうね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる