ここから本文です

大阪大学志望。高二男子です。経歴としては、小学生時代にクラスで2位。(周囲の人...

lvz********さん

2018/11/1516:18:28

大阪大学志望。高二男子です。経歴としては、小学生時代にクラスで2位。(周囲の人達の馬鹿さには愕然とし、目に余る差は日常茶飯。)中学生時代はクラスで1位。(やはり周囲との差には言葉に余る。あたかも猿と人間

との知能の違うような授業の様相である。)
そして今、私は偏差値63の高校で学年二位で居ます。周囲との差には、やはり自分が天才だと錯覚されてしまいます。私は大阪大学に行けますか?

閲覧数:
93
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

him********さん

2018/11/1516:56:15

まあ、それはその高校の進学実績を見れば想像がつきそうなものです。
ただ、阪大を目指すには高校のレベルが低めに思えますね。

それにしても、錯覚だと認識できているところはさすがですね。
認識できていない輩は手に負えません。まあ、大学に入れば、あるいは入れない場合でも、井の中の蛙状態であったことに、いずれ気がつくものではありますけど。

https://kintaro.website/osaka.html

えーと、大阪で偏差値が63の高校といえば、たとえば今宮高校総合学科・・・

進学実績は、といえば
http://www.osaka-c.ed.jp/imamiya/sinro21.html

2位では阪大は微妙という感じですな。どちらといえば無理に近いかも。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2018/11/1621:46:53

京大も阪大も所詮地方大で大差無し
地方大なんてどこも同じ

gil********さん

2018/11/1518:41:45

投稿を読んでいる限りではかなり難しいと思います。大阪大学クラスに合格する人は皆さん相当頑張って勉強しており他人の実力も理解・リスペクト出来ますし勝負が紙一重の戦いになることも分かっています。また、本気で受験勉強をすれば模試や予備校で怪物のように勉強できる人と沢山出合うはずです。あなたはまだ怪物にあってないし受験が接戦になることも分かっていない。他人が馬鹿に見える間は全くダメです。

moo********さん

2018/11/1517:48:57

就職予備校は東大以外の旧帝!!!研究も頭脳へぼくて、勘違いしてるなぁ。

■一流企業就職・一流企業花形部署、中堅企業・大企業・大手企業・外資系企業・地方名門企業などの経営幹部、大企業エンジニア・技術系経営幹部、医学部教授・大病院院長、成功起業家及び富豪、御曹司・老舗会社経営、司法試験・公認会計士試験合格者、著名作家、TVプロデューサー・ディレクター・ジャーナリスト・記者・作曲家・演出家・映画監督・アナウンサー・広告プランナーなどのマスコミ系専門職、アナリスト・投資銀行家などのコンサル・金融専門職、学者・大学教授・評論家、国家総合職官僚・都庁幹部、地方政界・国会議員・閣僚、名門家系(閨閥)などではほぼ早稲田・慶應・東大のトライアングル学府がメジャー人材供給源として突出しており、これは2000年以降が特に顕著である。逆に言えば、早慶・東大以外の大学は進路がいわゆる一般的なイメージの『会社員・公務員』となる人が多く、「就職学府」の色合いが強い。

■パワーエリート母体の変遷
豪族貴族→院宮王臣家→平氏・源氏→北条系→足利系
→諸大名系列(伊達・上杉・武田・織田豊臣・毛利・島津)→徳川系(幕府制)
→≪19世紀後半≫ 薩摩藩・長州藩(政府制)
→≪20世紀前半≫ 陸軍士官学校・海軍兵学校(政治・軍事)、東京帝大・京都帝大(政財官工)、慶應義塾(財閥)、医学校
→≪20世紀後半≫ 旧帝一工神(各界)、中央(法曹)、早稲田(政治・マスコミ)
→≪21世紀前半≫ 東大、慶應、医学部医学科 +(京早:サブ)





■一流企業就職・一流企業花形部署、中堅企業・大企業・大手企業・外資系企業・地方名門企業などの経営幹部、大企業エンジニア・技術系経営幹部、医学部教授・大病院院長、成功起業家及び富豪、御曹司・老舗会社経営、司法試験・公認会計士試験合格者、著名作家、TVプロデューサー・ディレクター・ジャーナリスト・記者・作曲家・演出家・映画監督・アナウンサー・広告プランナーなどのマスコミ系専門職、アナリスト・投資銀行家などのコンサル・金融専門職、学者・大学教授・評論家、国家総合職官僚

■パワーエリート母体の変遷
豪族貴族→院宮王臣家→平氏・源氏→北条系→足利系
→諸大名系列(伊達・上杉・武田・織田豊臣・毛利・島津)→徳川系(幕府制)
→≪19世紀後半≫ 薩摩藩・長州藩(政府制)
→≪20世紀前半≫ 陸軍士官学校・海軍兵学校(政治・軍事)、東京帝大・京都帝大(政財官工)、慶應義塾(財閥)、医学校
→≪20世紀後半≫ 旧帝一工神(各界)、中央(法曹)、早稲田(政治・マスコミ)
→≪21世紀前半≫ 東大、慶應、医学部医学科 +(京早:サブ)


◆国公立交付金の削減と対照的な慶應義塾の理系先端投資と私立ならではの企業タッグ◆
【1990年】
・環境情報学部(環境、IT、バイオ、メディア)設置
・インターネットの父・村井氏が東大助手からSFC助教授へ、日本のIT化を進める
【2000年】
・新川崎先端研究教育施設(産官学共同研究)設置
【2001年】
・慶應生命先端研究所(山形県鶴岡市)・看護医療学部の設置
【2004年】
・慶應発ベンチャー・メタジェンと味の素が微生物などに関して共同研究開始
・慶大が総合研究推進機構を設立し、日立製作所と包括産学連携協定
【2005年】
・慶應・早稲田・東大とマイクロソフト社が研究リソース協定
【2007年】
・慶應・早稲田・東大・京大が4大学院研究交流協定
・慶大・先導研究センターを設置(~2015年まで60センター開設)
・慶大とJAXAが協力協定(宇宙システム)
【2008年】
・慶應薬学部・薬学研究科(共立薬科大学併合)設置
・慶大生が物理学上の新現象『スピンゼーベック効果』を発見、以降、各機関が研究へ
【2009年】
・iPS細胞研究拠点に慶大、東大、京大、理研を指定
【2010年】
・RU11発足(研究コンソーシアム)早慶東京工阪名北筑九東北
・慶應生命研の最強度素材・人工クモ糸開発者が「科学技術への顕著な貢献」を最年少受賞、『カンブリア宮殿』にて放送。タンパク質素材開発。
・慶應生命研とインペリアルC・ロンドンが共同契約(ゲノム・代謝)
【2012年】
・4大学ナノ・マイクロ研究拠点(慶應・東大・東工・早稲田)設置
・慶應生命研とNASA(米航空宇宙局)が研究協定(宇宙生物学確立:生命影響)
・慶大SFCとNTTデータがIT上の技術研究・教育の協定
【2014年】
・理工学部75周年プロジェクト(産学KIF、KiPAS:数論幾何、量子、ナノなど)設置
・東大・慶大・海洋大が宇宙インフラ利活用人材育成の教育プログラムを開始
・慶大とフランス国立科学研究センター、原子力・代替エネルギー庁とナノ中心の5年協定
・最先端技術:ハプティクス研究センター(触感・電子・機械)を設置、「科学技術への顕著な貢献」を受賞
【2015年】
・慶應イノベーション(野村HDと共同出資:再生医療・生命科学・宇宙開発ファンド)設立
・日本政府は末松慶應医学部長を理事長に日本医療研究開発機構を設立、創薬・医療機器開発含む
・慶大はゲノム・バイオ研究のBI of MIT and Harvard(マサチューセッツ工科大・ハーバード大)と5年協定
・慶應生命先端研の体内細菌研究者が「科学技術への顕著な貢献」を受賞、『情熱大陸』にて放送
【2016年】
・慶大・東大・阪大・東北大にスピントロニクス研究拠点(電荷・量子の応用)、設置
・慶大と日立製作所がサイバーセキュリティ研究センターを設置・共同研究
・KGRI(慶應グローバルリサーチI):国際研究大学基盤(文理融合)の設立
【2017年】
・殿町研究キャンパス(生命・細胞、AIヘルスケア、医療ロボティクス、分子設計)設置
・国立がん研究センターが拠点を慶應先端研の近くに設置・協定(山形県)
・JSR・慶應大学 医学化学イノベーションセンター設立、医学・化学連携
・慶應、理研、静岡県は光量子・AIなどに関して先端農業研究の協定
・慶大SFC研とSBIHD(SBIファーマ)は慶應SBI ALA研究室(アミノ酸)を開設
・IBMはオックスフォード大、慶應大などに量子コンピュータ研究拠点を設置
・慶大と小田急グループは自動運転技術の研究協定を締結。SFCキャンパスにて「未来フィールド創発研究」、技術や街づくりの共同研究へ。
【2018年】
・SFC慶應未来創造塾(国際研究人材)、理工学部周辺域3駅に国際学生寮(研究・教育)を設置
・「損保ジャパン日本興亜ビジネスラボ鶴岡」設立、慶應先端研と損Jが包括提携
・慶應及び旧帝大の病院が「がんゲノム医療中核拠点」に指定される。
・慶大は第一三共、小野薬品、田辺三菱製薬などと創薬研究の連携を発表。
・パナソニックと慶大がTSUNASHIMA・SST・Lab(綱島駅)を展開、先端技術イノベーションの街づくり
・慶大・IBMの量子コンピュータ研究体制にJSR、三菱ケミカル(素材・化学)やみずほFG、三菱FG(金融工学)が参画
・慶應先端研と森下仁丹は腸内細菌培養の共同研究契約を締結
・慶應・早稲田・東大&東工大&都市大は産学連携協定を結び、共同施設・渋谷スクランブルSを開設
・CESUN(技術システム国際協議会)がアジアで初開催され、慶大院(SDM)と東大院(新領域科学)が共同参加
・慶應生命先端研と第一生命は包括協定、慶大・再生医療企業メトセラにも投資。
・慶應薬学部は最先端質量分析技術を揃えた創薬研究プロジェクトを開始し、島津製作所・小野薬品・日東薬品などと共同研究契約を締結。
・慶應SFCらと東大生らは都市微生物研究のGoSWABを組織し、リーダーのSFC学生がFobesの30under30に選出された。
・慶大とJALは人材育成や研究の連携協定を締結

tri********さん

2018/11/1517:25:30

学年1位を目指し、最低でも今の2位を確保して、大学受験勉強をしっかりとすれば行けそうです。

kan********さん

2018/11/1516:47:52

偏差値の出典によりますが、一般に高校偏差値63というと、TOP1〜2名が地方旧帝大に進学するイメージです(僕の地元で、偏差値を掲載している某サイト3つの平均をとって進学先と照らし合わせた場合)
以上を踏まえると、この場合そもそも高校の授業がそのレベルの大学受験に対応していない可能性があり、例え一位でも厳しい戦いになると思います。首位に上がり、他と圧倒的な差をつけるようでなければ安心は出来ません。高校二年生ということでまだ時間がありますので、頑張って下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる