ここから本文です

慢性的な鼻の炎症

hag********さん

2008/10/1518:17:11

慢性的な鼻の炎症

こんにちは。20代男です。

中学生の時からアレルギー性鼻炎になり、花粉症にもなりました。
おかげで年中鼻水は出るし、鼻の奥も鏡で見ると常に赤く炎症しています。

耳鼻科に行っても、一時的に症状を止める飲み薬か、シュッとする点鼻薬を処方されるだけで、
飲み薬はとても眠たくなるので仕事に支障が出ますし、点鼻薬は頭がボーっとして余計辛くなります。

それにこれでは根本的な解決にはなっていません。

どなたか同じ症状の方で、症状が改善されたり治ったりした方はいらっしゃいませんか?
自分的には漢方薬が気になっています。

閲覧数:
919
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ele********さん

2008/10/1521:31:55

漢方薬でも症状を抑える薬はあります。
眠くなったりはしませんので、効果があるなら、そちらのほうが良いと
思います。

年中鼻水が出るとの事ですが、鼻水は透明なものが出るのでしょうか?
黄色い場合は辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)などの漢方薬が適応
しますが、透明な鼻水が出るアレルギー性鼻炎では、多くの場合、
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が聞く場合が多いです。
特に後者については、普通のドラックストアでも購入することができますが、
漢方薬を処方してくれる耳鼻科のある病院が近くにあるなら、病院で
出してもらったほうが保険が効くのでお得です。

↓ご参考
http://www.gokinjo.co.jp/kampo/

いずれの薬も、風邪などを引いて薬を飲む場合は、飲み合わせの問題が
ありますので服用を一時中止したほうが安全です。
辛夷清肺湯は体の熱を取る効果がありますので、寒気がするときとか、
下痢する場合などには止めた方が良いでしょう。
小青竜湯は、逆に体を温める効果と、体の余分な水分を排除する効果が
ありますので、のぼせや慢性的便秘があるような場合や、口が渇いたり、
乾いた咳が出るような場合は止めておきましょう。

ちゃんとした専門家(漢方薬剤師や漢方医など)に相談すれば、もっと
効果の高い(ただし取り扱いに注意が必要な)薬もあります。

根本的に体質を改善するには、少し長い期間の治療が必要になりますが、
そういう方法も無いわけではありませんので、興味があるなら専門家に
相談してみると良いでしょう。
そちらの方は、もしかしたら病院では対応できないかもしれませんので、
病院で聞いても駄目な場合は、漢方専門薬局(自前で煎じ薬を調合
できるようなところ)を訪ねると良いと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yu_********さん

2008/10/1518:41:49

私の場合は幼少期からの慢性鼻炎と軽度のアトピー性皮膚炎、慢性結膜炎等の症状が有りました。
10年位前から春季カタル/花粉症の症状が出て、風邪そっくりの状態が数カ月続く等大変でしたが、生活環境整備+サプリで症状は出なくなりました。

ハウスダストやカビの清掃除去と空気清浄機の導入。
シソの実油(α-リノレン酸)のサプリを摂り、肉類と動物性脂肪、乳製品の摂取を控える(サプリの有効成分が浪費されてしまう為)。
暖房は石油ストーブからガスストーブに換えました。

もう4年位症状は出ていませんよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる