ここから本文です

宇宙母艦の艦載機格納庫内部を1気圧に保つ理由は?

mat********さん

2018/11/1613:41:26

宇宙母艦の艦載機格納庫内部を1気圧に保つ理由は?

多くのアニメや映画の中で、宇宙空間を航行する母艦が搭載する艦載機の格納庫内部には、人間が宇宙服なしで活動できる程度の空気が充填されています。
しかしここ、発着艦時には解放されて真空の宇宙空間につながるわけですよね。
宇宙空間では空気(酸素)は非常に貴重で重要なものだと思います。

いちいち真空ポンプで回収するにも莫大な時間がかかりますし、無視できない量の空気が残ります。

ゆえに頻繁に解放される大空間に、空気を充填することは浪費でしかないと思うのですが、
あえて格納庫内を1気圧に保つ必要性をあげるとしたら、何があると考えられますか?

補足作業員が船外作業服を着るための準備時間が省略される、との指摘が多いですが、

・着艦前の、大空間に充填された空気の回収にかかる時間
・全機収容完了を待ってから気密ハッチを閉鎖し、空気充填にかかる時間
・再度発進させるために空気を回収する時間

これらの時間がかかってくるので必ずしも
作業効率向上〉酸素浪費
になるとは限らないかと思います。

また、艦載機乗員が負傷している場合でも、気密が保たれるチューブのようなものを(深海救難艇と同じ要領)機体に接続して、そこから出入りできるようにしておけば格納庫内部に空気を充填させる必要もないかと思います。

閲覧数:
107
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ofn********さん

2018/11/1615:39:16

まず、格納庫内を0気圧にするとどうなるかを考えましょうか。

艦載機に燃料補充する際に、燃料が液体だったら一瞬で揮発してしまって使えなくなる可能性がありますね。まあ、いくら液体燃料でも液体水素だったら1気圧でも使えなくなるので一緒といえば一緒ですが。

それから整備要員、指揮要員に船外活動装備が必要になることはすでに指摘がある通り。ちなみにこの船外活動装備は現状の宇宙服では関節部分にゆとりがある構造で、中を1気圧にすると関節がパンパンになって動作できなくなるので、「宇宙服の中は1/3気圧の純粋酸素」です。
で、こういう低圧環境に「急に変える」と血液中に溶け込んだ窒素が気泡を作って血流を止め、最悪死に至る「減圧症」になるために、ブリージングという何十分かの環境適応を行う必要が出てきます。
船外活動装備で出たり入ったり激しい艦載機の整備を行うというのは現実的ではないわけですね。

ただし、この宇宙服着用の問題は、体に密着した宇宙服が開発されれば解決します。密着した宇宙服ならば、顔の周囲だけ1気圧になっていればいいので、ブリージングが不要になります。

それから、艦載機の乗員は「負傷していること」が考えられます。
前提が戦闘用ですからね。
すると、格納庫内が1気圧になっていないと、コクピットの解放も慎重に行わなければ、艦載機内のパイロットを殺すことにつながり兼ねません。パイロットが負傷しているということは、少なからずパイロットの船外活動装備は損傷しているはずですから。

パイロットを救おうとしてトドメを刺してしまっては、本末転倒ではないでしょうか。

  • 質問者

    mat********さん

    2018/11/1901:46:20

    〉体に密着した宇宙服が開発されれば解決します
    モビルスーツのノーマルスーツがピチピチなのはそういう理由かもしれませんね。
    ちなみにヘルメットと襟の接続部分は二重になったファスナーのみだそうです。
    (ファーストガンダム、リュウ・ホセイの台詞より)

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

eds********さん

2018/11/1703:04:40

居住空間を頑丈にする。潜水艦を想像すればいい

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

loo********さん

2018/11/1623:29:22

アニメや映画ではと言う条件があるので、その理由は単に格納庫で人間ドラマを演じてもらうのに都合が良いからでしょう。

現実に船外活動するのは大変なのことで、ファンファンJAXAに詳しい手順が載っています。
http://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/210.html
これを考慮してアニメや映画を作る理由がありません。必要なのはドラマですから。

そこを考慮して現実的にアニメやドラマを作るのであれば、格納庫からすぐ飛び立つのではなく整備が終わったらいつでも発射できる真空中に待機させるのが良いでしょう。整備は活動しやすい一気圧の格納庫で。
ただスクランブルで出る機体数が足らなくなったら・・・まあそこは考えないことにしましょう。

wes********さん

2018/11/1614:24:14

艦載機の整備や補給などを行う時、作業員が気密服を着なくて済むために作業効率が上がります。

yel********さん

2018/11/1614:17:30

何故、1気圧にするかに関してですが

同じことを考える人はアメリカにもいて
アメリカでは、空気を節約するために0.3気圧の
純粋酸素を司令船の中大気の代わりに充填してました

※気圧が低くても、純粋酸素なので、呼吸には影響なし

結果として、1号の火災事故による乗員全員死亡
酸素タンク爆発した、13号など、たった17回のアポロのうち
2回も、酸素が原因で悲劇が起きてます。

一方ソ連はボストーク時代から1気圧
アメリカもスペースシャトルから1気圧
ISSも当然1気圧です。

try********さん

2018/11/1613:56:37

あなたは現実とフィクションの区別がつかない人なんですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる