ここから本文です

B型肝炎給付金請求に関して、ある弁護士事務所(B型肝炎訴訟でそこそこの実績が...

アバター

ID非公開さん

2018/11/1819:40:58

B型肝炎給付金請求に関して、ある弁護士事務所(B型肝炎訴訟でそこそこの実績があり、ネット上にもCMを掲載している。)に指示された関係書類を全て揃えて受任して貰えました。(当初の弁護士の見立ては、 慢性

肝炎 として1,250万円の給付金が受け取れる可能性があるとの事でした。)

委任後、数日してメールにて損害賠償請求調停事件として簡易裁判所調停係に申立てたをして旨、調停期日も記載されたメールが届きました。

私としては、てっきり訴訟の申立を行うものと思っていましたので、調停の申立と聞いて、当初の見立てとは違う何か問題があり、調停の申立になったのかと非常に不安です。

担当弁護士に聞けば分かる事なのですが、指示のあった資料(慢性肝炎に関する医療カルテ等)もある程度短期間でスムーズに揃えられましたので、今更聞く勇気がありません。

訴訟ではなく、調停申立てになった理由を当然ながら推測で結構ですのでご教授頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
859
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

men********さん

2018/11/1917:56:43

これ、裁判になんかしなくたって、ただ手続きを代行するだけでガッポリ貰える「特上案件」。

自分でやれば良かったのにね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/11/1921:02:42

    ご回答有難うごございます。
    他の弁護士事務所に問合せをし、その回答で更に不安になった次第です。
    『調停での申立についてですが,厚労省の交付している手引き自体が調停での手続を想定していないため,当事務所におけるB型肝炎給付金の手続についてはいずれも訴訟での解決となっております。そもそも調停手続は話し合いの手続きであり,例えば給付金の要件に該当するか国との間で解釈に争いが生じた場合,解決機能を持ちませんので,結局,その段階で訴訟に切り替えなければならなくなり,二度手間となります。なお当事務所で受任する場合,現在は全ての案件について地方裁判所に提訴しておりますが,既に裁判所において定型的な処理が定着しております。他方,簡易裁判所に調停を申し立てた場合についてはおそらくケースが少ない(ほとんどない)ことから,定型的な処理が定着していないものと思われ,通常以上に時間がかかる可能性もあるかと思われます。』

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sak********さん

2018/11/2112:37:26

経験者です。
B型肝炎の訴訟ではなく、裁判をするものではありません。
弁護人はあくまでも幼児時代にウィルス感染の可能性が高い被害者に、和解給付金対象者であるか、どうかのマニュアルを調べ、対象者に給付金を支払うのです。
国と争う訴訟ではなく、給付金対象者なのかを問うと理解して下さい。
ですから、弁護人は訴訟との言葉を発しないのでしょう。
弁護士から請求された書類を提出し、対象者には厚生労働省に提出した時点で、厚生労働省が判断します。
反対に書類に不備があり、揃わなかった方は、弁護士が無理だと言われます。
あくまでも訴訟し、国と争うのではありません。
これがB型肝炎の給付金請求です。
お大事に、

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる