ID非公開

2018/11/22 18:06

22回答

<日産、ゴーン事件の記事> 「日産、ゴーン容疑者姉へ資金…実態ない業務契約

<日産、ゴーン事件の記事> 「日産、ゴーン容疑者姉へ資金…実態ない業務契約 日産自動車代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の役員報酬を巡る有価証券報告書の虚偽記載事件に絡み、同社が2002年以降、ゴーン容疑者の姉と「アドバイザー業務」契約を結び、毎年10万ドル(現在のレートで約1120万円)前後を支払っていたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、姉に業務実態はなく、ゴーン容疑者が会社経費を私的な目的で不正に支出していたとみている。(読売新聞)」 フランスのルノーは、この度の事件に対応として、ゴーンを解職しない事を表明した。 …フランスって、「モラル無い」んですね。 有価証券報告書に虚偽記載・上記の業務上横領(という法違反?)した、ゴーンを解職しないだなんて!

事件、事故39閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

フランス政府は、国策会社ルノーと日産の経営統合をゴーンに指示し、進めてきた関係上、自らゴーンを切ることを先送りしたのだと思います。ゴーンの論理に正当性があり、今回の検察の容疑をはねのけられるならば、今まで通りゴーンを通じて、経営統合を進めるという意思だと思います。ルノーの業績は悪く、利益は、日産の配当でカバーし、ルノーの雇用を確保しているとのことですから、ルノーを守るためにはどうしても日産を手のうちに置き、利益を吸い上げる体制の維持が不可欠の条件のようです。フランスは実体的には社会主義国家で労働者の権利が極めて強い国ですから、解雇などが発生すると補償を含め、政権を揺るがしかねない大問題に発生することをフランス政府は避けたいのだと思います。 その意味で事件は事件として、ゴーンを経営統合のコマとして使えるならば、フランス側に有利なように使いたいというのが本音だと思います。

ID非公開

質問者

2018/11/22 23:44

フランスの本音(本心)は、日本中の国民が見抜いていますww 今回のゴーン事件は、世界中が注目していますから、 【フランスがゴーンを解職しない】事を決めた時点で、 フランスの”えげつなさ”が、 世界中に「恥を晒す」事になった(ーー; …と思います。

その他の回答(1件)

0

日本人には非常に厳しく厳しく! もっと働け! お姉ちゃんには非常に甘く甘く甘く! 日本人が稼いだお金あげちゃってる!

ID非公開

質問者

2018/11/22 23:53

1999年、ゴーンは、日産の救世主なるべく…、 そしてCEOになった時は、 大規模なリストラをしてV字回復をした、、 事が評価されていますが、 その当時リストラされた従業員たちは、 今回のゴーンの「日産からの解職」&「東京拘置所への拘留」を、 どう感じているでしょうね(><;