ここから本文です

元々あった日本社会や世間で存在していた昭和20年を⇒1945年に言い換える。 元々地...

tom********さん

2018/11/2404:58:45

元々あった日本社会や世間で存在していた昭和20年を⇒1945年に言い換える。
元々地域で存在していた三重県久居市など地域名久居を⇒イオン津南店など津南にする。

元々伝統文化の街の富田+富洲原を⇒イオン四日市北店など方向方面の四日市北店にする。
頭が可笑しな人が昭和20年を無理やり西暦にしたい。久居⇒津南にしたい。富田+富洲原⇒四日市北にしたいと思っている異常者だと思うが久居や富田富洲原の地域名や元号の昭和20年を廃止したい理由はどこから出て来るのか?

閲覧数:
47
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

des********さん

2018/11/2406:20:52

果たして、日本人(その地域に住んでいない人)に「久居」「冨田富洲原」が分かりますかね?イメージも難しいように思えます。
四日市北や津南なら、ちょっとはイメージしやすいのではないでしょうか。
また、昭和20年ならパッと西暦何年か分かるが、例えば昭和43年と言われて、ああ1968年かと分かる人って案外少ないでしょう。特に平成生まれにはちょっときついかもしれません。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

wak********さん

2018/11/2406:53:52

年号の使用の有無は使い勝手で決まるもの。前の東京オリンピックは昭和39年。西暦なら1964年。次の東京オリンピックは(年号未定2年)、西暦なら2020年。
56年ぶりと言うことは、西暦なら2020-1964=56一発計算。年号を使えば、昭和64年が平成元年なので、昭和分が63-39=24、平成分はまる30年、年号未定分が2年で24+30+2=56。不便でしょ。
もちろん当時の世相を示す時には、好んで年号を使うんだけどね、自分は。で幕末話では、年号で語ると質問されまくってしまう。それはあの出来事から何年後?
実は当時は、年号ではなく、干支で語るのが普通だった。つまりみんなが使ってたのは年号ではなく干支の方。それが本当の伝統ってやつ。
地名はねえ、困ったもんです。ただこれも大昔からでね。いつの間にかどこもかしこも江戸や東京、京都の名を名乗って市域が拡大する。背景にあるのは、ブランド意識と経済効果、さらに行政の効率化って奴。人口構成が変わり、新住民が増えれば、田舎イメージの名前より、都会っぽい方の名前。都市化なんてそんなもんです。東京ディズニーランドってごく卑近な例を出すまでも無くね。
イオンのせいじゃないよ。ん?三重県でイオンと言えば、岡田が悪い、民主が悪いと言うネタ狙いかな?残念なことに、ところ変わらず、日本中みんなそうなんだな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる