ここから本文です

大家さんより賃貸物件を第三者に売却するため、六か月後に退去してほしいと言われ...

ise********さん

2018/11/2513:10:35

大家さんより賃貸物件を第三者に売却するため、六か月後に退去してほしいと言われました。

借地借家法によると、『建物の賃貸借の解約の申入れは、建物の明渡しと引換えに建物の貸借人に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出を考慮して、正当の事由があると認められる場合でなければ、することができない』とあると思うのですが、その場合財産上の給付の相場はどの程度になるのでしょうか?

また、退去の期限は六か月後なのですが、マンションに併設されている駐車場は二か月後に利用停止になると通知されました。
駐車場に関しては借地借家法の様な借りている人の権利を守る法律などはございませんでしょうか。

さらに、一か月後から大規模修繕工事を着工するため騒音があったり、洗濯物が干せないなどの不都合があると通知されました。
できれば退去後、そのような工事を開始してほしいと思ったのですが、そのような要求(工事開始を退去後にしてほしい)をすることは不当でしょうか。

以上の点に関して、教えて頂けますと幸いです。

よろしくお願いいたします。



建物の賃貸人による第26条第1項の通知又は建物の賃貸借の解約の申入れは、建物の賃貸人及び賃借人(転借人を含む。以下この条において同じ。)が建物の使用を必要とする事情のほか、建物の賃貸借に関する従前の経過、建物の利用状況及び建物の現況並びに建物の賃貸人が建物の明渡しの条件として又は建物の明渡しと引換えに建物の賃借人に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出を考慮して、正当の事由があると認められる場合でなければ、することができない。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
130
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sey********さん

リクエストマッチ

2018/11/2514:20:18

なめた大家さんですね(笑)
カッペもいいところです。
あなたのご指摘通り、借地借家法上の正当理由なんて認められません。
この場合、大家さんとしては「売却」が理由ですが、賃借人を立ち退かせて高く売却しようと企み、賃借人を無償で追い出そうとするなんて無茶苦茶もいいところです。
まあ、正当理由を補完するという意味での「立退料」というものがありますが、これもかなり高額でないかぎり、裁判所は認めないでしょう。
裁判所の判断基準は原則的に現状維持つまり立退きは認めないということです。
ただし高額な立退料を提示した場合には、認めることもありうるという認識です。
ですから、あなたは応じる必要はありません。

まあ、強制的な退去というのではなくて、「合意解約での退去」ということでしたら、家賃の18ヶ月分~24ヶ月分が相場ではないでしょうか。
私も同じように合意解約での立ち退きに応じましたが、その時は18ヶ月分で手を打ちました。もちろん敷金等は全額返還です。

また、大規模修繕は大家さんの判断でできるとしても、「騒音があったり、洗濯物が干せないなどの不都合があると通知がありました」なんて、なめ切ってますね。賃貸物件を快適に過ごせるようにするのが貸主としての大家さんの務めであるハズなのに、開き直って、そういう言い方をするなんて、カッペ以下です。
今現在差し迫った修繕が必要ならともかく、そうでないなら嫌がらせのためにやってるのでしょうから、当然退去後に工事に入ってもらう交渉をした方がいいでしょう。
そのための切り札は「立退料〇〇ヶ月分、しかも工事着工を退去後にしてもらえないなら、退去しませんからね。それでもこっちは一向に構いません。」です。大家さんもそういわれれば考えるでしょう。
なんなら入居者全員と組んで大家さんと交渉するのもいいでしょう。

本来なら「かくかくしかじかで、売却することになりました。ついては立退料として〇〇ヶ月分でいかがでしょうか?」と誠意をもって大家さん側から話をしなくてはならないところ、「高飛車に出れば入居者なんてちょろいもんよ」なんて人を馬鹿にする態度が許せませんね。
ただで追い出されるなんて経済的負担も大きいでしょうし、アホらしいですので頑張って交渉してくださいね。

  • 質問者

    ise********さん

    2018/11/2516:56:19

    貴重なコメントありがとうございます。

    TVCMを流している不動産大手が貸主さんなのです。

    ご専門の方だと思いますので、可能であれば以下の点を教えて頂けないでしょうか。

    ・『貸物件を快適に過ごせるようにするのが貸主としての大家さんの務めであるハズ』と私も感情的にはそのように思うのですが、この件に関して借地借家法のように、根拠となる法律はありますでしょうか(具体的として、第三者への売却目的のために行われるリノベーションは現在入居している人達の生活を害してもいいのでしょうか)

    ・駐車場に関しては原則、借家借地法に適用にならないと思うのですが、少し調べていくとマンション付属の駐車場などは適用範囲になるケースがあるというネット上の記事を読みました。このあたりがまとまっている事例集などがありましたら教えて頂きたいです。

    どうぞよろしくお願い致します。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/12/1 17:15:20

ご経験を踏まえて教えて頂きありがとうございます。
とても参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vai********さん

2018/11/2609:32:43

駐車場、改修については難しいですね。

正当事由については、同程度の賃貸物件を紹介し、その敷金、礼金、引っ越し費用等の必要経費と迷惑料(5~10万程度)を渡すぐらいですね。


迷惑料については子どもが転校しなければならないなど、条件よって変わります。

kad********さん

2018/11/2516:07:33

大家から、どういう条件を出されているかはわかりませんが。

立ち退きの基本となるのは。
借主のあなたが、引っ越しで負担が出ない程度で推移するかと思います。

現実的として・・・
いくら契約書に書かれていようが、退去にあたり借主への配慮をどうするかは、あくまで大家次第です。

そこで納得のできない場合、訴訟を起こす人もいます。


今回、大家が退去の正当理由を売買とするには弱いかと思います。

大家は相応に利益を得るであろうから・・・
借主に対し、相応に退去費用を出してしかるべきかなと思います。

裁判では、至る流れもいろいろですが。
立ち退きの金額として、3年程度の家賃をベースに大家へ支払いを命じた事例もありますし、大家が満足な条件を出さない場合は相応にゴネたら良いかと思います。

一応、あなたの方で。
これだけの金額があれば、引っ越しができるであろう金額の算段はしておいた方が良いかと思いますよ。
立ち退き費用は幾らでも・・と争っては、結局は何も得られない可能性も出るかもしれず、あなたが納得できるだろう落とし所の金額は持っておくべきです。

立ち退きをマネーゲームにしたら、思うように勝てない可能性もある。


駐車場に関しては。
物件と同じような扱いにはならない場合が多く、無償になる場合が多いです。


工事に関して要求はいいけど。
相手業者などが絡むと、工事のキャンセル料を出してくれるのか?とか、脅しのような要求をされる可能性もある。

立ち退きで闘う相手が大家だけとは限らず、取引する業者が絡んでくる場合もあるからね。
あまり無意味にゴネると、大家側であり業者側から遅延されて損害が出たとか・・そういう駆け引きになる場合もある。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nem********さん

2018/11/2513:37:53

その辺はケースバイケ-スでは?

交渉内容としては
居住期間中の家賃は免除
敷金や保証金の全額返済
※敷引きは建物を状態に関わらず先方の都合で改装するので理由外です
引越し代及び経費もしくは家賃6ヶ月分程度の支給
駐車場は使用できない期間の代替駐車場の確保
※敷地内にあり物件と一体の物と見做される場合
仮駐車場の場所によっては貸借料の免除
洗濯物などに関しては退去までの
コインランドリーやクリーニング費用の
全額または一定額の負担を要求可能かと

後は交渉を個人でやるか住人で組んでやるかでしょう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる