ここから本文です

ベースの先輩に一拍目を逃すな、一拍目がきちんとしてればあとは多少グダッても大...

アバター

ID非公開さん

2018/11/2518:31:18

ベースの先輩に一拍目を逃すな、一拍目がきちんとしてればあとは多少グダッても大丈夫と言われたのですが、なぜそこまで一拍目が重要なのでしょうか、?

閲覧数:
111
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hig********さん

2018/11/2608:58:54

他の楽器をやっている人が、曲全体を感じて皆と合せようという気持ちを持っているなら、フレーズの頭、小節の頭、コードが転換するところの頭は、本能的にベースの音を聴こうとします。そのタイミングがずれていると、曲全体が崩れてしまいます。

それから、そういう頭の音では、ベンディング(和製英語でチョーキング)というような音程をずらす奏法は、避けるか、遅らせて控えめに行ってください。これも和音全体を感じようとしているバンドメンバーにとって迷惑なんです。
フレーズ、小節、コード進行の頭は、正確なタイミングと音程で。これはメンバーのためなんです。「君が一緒だと、思い切り乗れるんだな」と言ってもらえることが、ベーシストとしての最高の褒め言葉。ベースが目立っていたと褒められるより、音楽全体から見たら数段レベルの高いことなんです。
リズムの把握、テンポの把握はパーカッションの音を聴くことだというのが一般的なんですが、実は、長い時間で考えると、生演奏では、ベーシストが時間管理しているようなところもあります。パーカッションは、ベーシストの提示する時間感覚に合わせて、細かい時間を刻むわけです。

一方、ベースのソロ部なら、そこはあなたの一番大好きなサウンドを出しても喜ばれることがありますよ。そのメリハリがとても大切です。

「あとは多少・・・・」は、あなたに対してあまり緊張させないようにという先輩の思いやりが込められていますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bas********さん

2018/12/200:25:35

それが基準の最初だから、頭だから。それを外したら最初からずれるから。

qro********さん

2018/11/2612:55:00

私もそう思います。
裏からでも一拍目を意識して裏から入るから
かっこいい。

idz********さん

2018/11/2521:09:35

アハハ。一拍めだけあっててもダメなんだけど、一拍めハズシて二拍め以降で合わせることは無理でしょう。(仮に合ったとしても合ってるように聴こえない。)

一拍めが大切というのは先輩に同意ですね!

leg********さん

2018/11/2519:58:55

一拍目だけ良ければ後は多少グダッていいとは思いません。
先ずは自分がいいと思う程度に、次は聴いている人もいいと思う程度にきちんとしているのが重要だと思います。

utu********さん

2018/11/2519:22:49

こんにちは メトロノームでも一発目にアクセントが付いてるよね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる