ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜11件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pon********さん

2018/11/2717:02:01

pc本体の電源ノイズ・チップセット周りの基盤のノイズが多いので外部ユニットに送り、変換する形にしているようです。アンプにデコードチップを搭載しているならデジタル入力の端子や、PCと直結できるUSB,HDMI端子があるものもありますし、アンプはアナログのみにして、単体でDA変換する方式もあります。

DSDはデジタル録音のフォーマットです。SACDでも利用されている方式ですが、SACDはデジタルアウトを基本禁止しているので、機器本体でアナログ出力するか、各社独自規格での専用インターフェース(i-linkやLAN端子、HDMI,SDIF)で接続するかユニバーサルプレイヤーからのHDMI接続で転送になります。音楽配信サイトで数は少ないですが、DSDデータの販売もされているのでPCからUSBでシリアル転送してデコードしますが、機器側でDopかASIOで受ける方式があります。

DSDデータの再生は聴いてみて判断したほうが良いでしょうが、私の感覚では音が柔らかくでてくれるので、ノイズのないLPみたいな音という感じです。あとはソースによってDACのキャラクターの好みで使い分ける感じです。
人によってはDSDの音が刺激が足りないといって、flacの88.2khzにダウンコンバートしてキック感をだしたりする場合もあるので、これは各自の聴く曲とシステムでの好みだと思います。

接続は
①PC→DDC(USBからデジタル端子へ変換)→D/Aコンバーター→アンプ
②PC→DAC内蔵アンプ(USB)
といった感じです。D/Aコンバーターが直接USBで受けれる機種ならDDCは不要です。

サムさん

2018/11/2715:25:35

サムの経験したことです。
PCは富士通エスプリモですが、
内臓DACと外付けDACで音は変わりませんでしたよ!

DSDは別な問題です。

rin********さん

2018/11/2715:12:53

>オーディオについて質問です。PCからアンプに繋ぐ際・USB・光・アナログがあるかと思います。あまり技術的なことは分からないのですが、USBはDSD?という技術があるようで音質が良いとされているようです。

@:PCからアンプに繋ぐ際現在ではUSB接続です、現在のアンプにはUSBでの端子が装備なされてます、パソコンオーディオなりカテが出来てます
http://kakaku.com/kaden/integrated-amplifier/itemlist.aspx?pdf_Spec...

>最近のオーディオ事情を知らないのですが、実際の所どうなのでしょう?やはりそのDSDというのは別格なんですか?

@:DSD/Direct Stream Digialはフォーマットの一種です、特に別格との事は無いでせう
https://www.phileweb.com/review/article/201503/06/1551.html
https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/1068831.html
ID非公開さん2018/11/2714:17:10

プロフィール画像

カテゴリマスター

kon********さん

2018/11/2715:01:12

では逆にオーディオ機器間の接続はアナログなのに音質が問題にならなのか。オーディオ機器は余計なノイズを出さないように設計されてるから。パソコンはデジタル機器なので誤動作しない限り、ノイズは問題にならない。言ってみればデジタル動作はノイズの塊。ノイズの塊のデジタルデータをDACでアナログのサウンド信号に変換する。DACの設計が悪ければ当然サウンド信号にノイズが混じる。パソコン本体の中に入れたDACを使うのが一番不利。USBで外部に引き出してからDACを使えばノイズの(ゼロではないが)少ない環境でサウンド信号に変換できる。しかも、パソコンとは別売りの機器なので、それなりのノイズに配慮した設計が可能。光は一種のデジタルデータなので、受け側の機器の性能が良ければ、やはりノイズの心配はない。ただ割に高価な機器になるかと。USBタイプが一般的なのはそういう事情かと。
DSDは規格の一種。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Direct_Stream_Digital

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2018/11/2714:34:51

DSDについては個人的にはハイレゾとの優劣は聞いただけでは分からないレベルでした。
ついでにいえばハイレゾはDSD対応音源とそうでない普通の音源の違いより、USB DACの有無やスピーカーの性能や設置方法の方がはるかに影響が大きいので、単にDSDだから素晴らしい!って事は無いです(あくまで視聴レベルでの個人的感想)。

USB DAC、光デジタル、アナログ出力の比較ではUSB DACが最も手軽で音が良いです。これは誰が聞いても分かるレベルです。
サウンドカードも同様の品質を出せますが、手軽さでUSB DACが一番使いやすいでしょう。

私はDTMもやるのでローランドのRubix24にヤマハのHS5を組み合わせてます。

個人的にはPC→USB DAC(DSD対応はお好みで)→アンプ→スピーカーが手軽で高音質で良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2018/11/2714:43:55

デジタルオーディオの入門なら勉強なさってください。

まず、音にするには必ずどこかでデジタルからアナログへ変換しなきゃならんのですよ。
その役割がサウンカードやら、USBDACになるわけです。

DAC…デジタルアナログコンバータ

光デジタルなら処理はサウンドカード等のPCが認識してるサウンドデバイスが接続元だが接続先とはデジタルの音声信号なので、ノイズは少ないし、

USBで接続自体は、周辺機器を接続する規格ですので、音声転送ではありません。
接続した先がデバイスとして認識し、パソコンと機器は機器の通信で利用します。
サウンドカードが分かるなら、接続先が外付けのサウンドカードになるというイメージでよいです。で、当然処理とDACも接続先です。

要は単純にアナログの経路が短く、接続する本数が少なければノイズ元を最小限に抑えられます。

電源ノイズの問題は残りますが。

サウンドカードとUSBDACどちらがいいかは
使い勝手や好み、仕様で選びます。

低負荷だと言われてるのはUSB接続ではなく、増設カードがたのサウンドカードです。

DSDとかはまた少し変わりますね、対応してれば可能だし、音源も相応のものでなければ対して変わらない。ハイレゾ関連の話です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる