ここから本文です

今年の5月に膝の内側の半月板損傷と診断され(MRI)

u_t********さん

2018/12/423:00:03

今年の5月に膝の内側の半月板損傷と診断され(MRI)

ヒアルロン酸や炎症止めの注射をしながら今に至り、自体重でのリハビリ、プールでのウォーキングを経て、今はスポーツクラブでの機器を使用しての筋トレに励んで様子見をしているところです。

最初は激痛に泣かされましたが、今は数えるぐらいの痛みに減ったのですが、軟骨に挟まれる違和感というか症状が月に20回くらい今もあり、日常生活においても捻る、方向転換の時に良く症状が出ます。
今の症状を訴えて手術するリスクとしないリスクを相談したら
半月板損傷で除去術と縫合術受けても完全に治るとは言い難いとの事。

痛めた半月板が軟骨に引っかかる不具合が月に20回あったとしても、痛みが軽減されてるのなら、
まだ20年はつかっていかなきゃならない膝なのだから、あえてリスクを受ける危険を犯さなくても・・・・・・と先生に提案されました。
手術は最終手段だよと。

手術で軟骨に負担かかるのは確実だからって言われて、私の周りでこのような怪我をした人が一人もいないので心細く迷っています。

どうか適切なアドバイス頂けませんでしょうか。
宜しくお願い致します。
スポーツドクターと言われる病院での診察を受けました。
61歳のお母さん女子です。

補足軟骨が炎症おこしてるから半月板が挟まるから、炎症が治まれば半月板が挟まれる現象もなくなりますよ、と先生の説明。
半月板のビラビラが軟骨に挟まるから炎症がおきるって
ネットで見た記憶があるのですが、どう考えたらいいのでしょうか?

閲覧数:
717
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

egg********さん

2018/12/517:16:24

私は素人ですので医学の知識は有りません。

主治医の先生を信頼してこのままでいくか、別の先生の考えをお聞きするか(セカンドオピニオンといわれるもの)或いは、別の病院で治療するか、のいずれかになりますね。手術は何でもそうですが、完全に元通りになる事は少ない印象を受けます。例えば季節の変わり目に古傷が痛み出す、後遺症がつらい等。失敗のリスクも有ります。それらを総合的に見てどう判断するか、ですから相当難しいですね。

ネットの情報は参考程度にしたほうが良いです。まるで違う事も有りますし。誰が書いているのかもわからないことも有ります。

ご家族がいらっしゃればよくご相談されたほうが良いです。それと関係のない先生、例えば風邪等で御世話になる内科の先生等に相談されてもいいのではないでしょうか。私などはかつて家族のことで困って、家族が御世話になっていた眼科の先生に相談して(整形外科領域の事ですが)、結果物事が先に進みました。一見無関係のようでいて、信頼できると思われる先生に科は違っていてもご相談されると解決策が見いだせるかもしれません。ご参考に、御大事になさって下さい。

  • 質問者

    u_t********さん

    2018/12/521:55:37

    ご回答どうも有難うございます。
    スポーツドクターで有名な先生という事で信頼していたのですが、「半月板は損傷しても痛くはないんだよ」の言葉に、軟骨もなんともないということを聞いていたので、じゃあ、どこが痛いんだろう?と不思議に思っていました。

    言われるままにヒアルロン酸注射、炎症を止める注射を二週間毎に受けること半年。先生には手術でしか治らないと言われていましたが、その間にとにかくリハビリに励みました。
    今はお風呂場で正座が出来るようになりましが、やはり元通りには戻れないってことを実感してます。
    ジムに通っているオジサン達に声掛けて聞いてみたら「どこそこの病院で手術したけどしっぱいした。やはり手術は最終手段だな」という言葉を聞いたので
    このまま地道に筋トレ、体幹、ヨガ系で楽しんで行ければいいなと思っています。
    ホンワカできるアドバイスを頂けてとても嬉しいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/12/9 15:47:36

優しい言葉遣いでスーッと胸に染み入りました。
ご助言有難うございました。
還暦を過ぎて早速大腸癌に見舞われ、その翌年は
この膝の怪我に泣かされて、気持ちが滅入っておりました。
病気に対する知識のない事が情けなくて慌ててネットで色々検索する日々でした。が、それはそれで「怖い」
難しいもんですね。頑張り過ぎずそこそこ踏ん張って進んで行こうと思っています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる