ここから本文です

【精神病廃止のため 06】法律違反でないのに、自傷他害の恐れと言い、強制入院に?

waz********さん

2018/11/2812:03:27

【精神病廃止のため 06】法律違反でないのに、自傷他害の恐れと言い、強制入院に?

関連質問

他人の知覚の内容を、検証できないのに、 なぜ、言葉が通じるのですか
2018/9/28 01:57:05

精神病は、事実無根の架空の病気ですか。ここでは、本人の望まない強制的な精神医療の実態を、問います
2018/10/29 06:43:50
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121982800...

イタリアが、精神病院を廃止した理由は?
2018/11/8 20:51:39

なぜ事実でない妄想や幻覚などの法哲学概念が、医学の診断基準ですか。
2018/11/15 20:48:14
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121990898...

【精神病廃止のため 01】抗精神病薬の作用を、合法的に検証する方法と、注意点は?
2018/11/19(月) 12:09:28
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121992565...

【精神病廃止のため 02】精神病が、脳の病気である証拠は? 架空の病気や、迷信?
2018/11/21(水) 17:29:39

【精神病廃止のため 03】強制入院の症状に、言動の事実がなく、虚偽の診断では?
2018/11/23(金) 16:06:30

【精神病廃止のため 04】他人の知覚を検証できないのに、言葉が通じる理由は?
2018/11/27(火) 12:10:25

【精神病廃止のため 05】精神病院廃止のイタリアが、7日間の入院を認める理由は?

自傷他害,精神病廃止,精神科医,知覚,強制入院,法哲学概念,ジョン・ナッシュ

閲覧数:
82
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fin********さん

2018/12/111:59:29

強制入院は、
法律違反のない人を、
隔離監禁するだけでなく、
投薬により、脳を破壊します。

強制入院の大部分は、
家族の証言や讒言を、
無条件に信用する医療保護入院です。

本人に、非行の事実があったと、
家族の言葉のみが、告発しますが、
本人と家族は、骨肉の争いの只中です。

---- ---- ----

強制入院の一部は、
捜査当局の捏造した冤罪について、
当局の通報を、
無条件に信用する措置入院です。

証拠や自供が得られずに、
起訴できない時に、
不当逮捕を隠蔽するために、
精神病の疑いを、市町村に通報して、
精神科医が、警察署内で、
自傷他害の恐れを、診断します。

診断と同時に、隔離監禁投薬に及び、
強制的に、不可逆的な廃疾に処しますので、
不当逮捕を告訴する権利が、
被疑者から永遠に奪われます。

捜査当局が、違法捜査の奥の手として、
精神医療を使いますので、
超法規的な強権の守護者が、
精神科医であると、わかります。

---- ---- ----

精神医療は、事実によらずに、
診察室という密室の中の出来事を、
書きたい放題を、記述できます。

診察室内外の、事実を検証する仕組がなく、
精神科医に、調査能力がありません。

家族や捜査当局の言葉が、
無条件に信用されますので、
精神保健福祉法は、
刑事訴訟を底抜けにするのが、目的です。

人は、精神という抽象概念を、
診断できませんので、
精神医療は、すべて、
言動の事実が、問題になります。

精神病は、脳や身体の器質に、
原因となる病変や機能の異常がなく、
脳の病気がありませんから、
言動の事実が問題になるのは、
刑法や民法と、全く同じです。

強制的な精神医療は、
事実の証明が、不可欠です。

---- ---- ----

精神や医療とは、名ばかりで、
精神医療や精神保健福祉法などの、実態は、
精神という抽象概念や、
医療のような健康維持とは、無関係です。

むしろ、健康を破壊しますから、
身体刑と、その口実です。

刑法や刑事訴訟法によらずに、
隔離監禁投薬により、
市民を廃疾に処すための、
強権と治安維持が、目的です。

精神医療という言葉をやめて、
個体の治安維持と、すべきであり、
精神保健福祉法とい名前を改めて、
治安維持法とすべきです。

即決で強制的に、市民を廃疾に処します。

法律違反がなくても、
自傷他害の恐れがあった、
精神病の妄想や幻覚のせいであると、
記述して置けば、通ります。

自傷他害の言動でなく、
自傷他害の恐れを、
精神科医に催させる言動があれば、
精神病と診断できます。

恐れだけですから、
精神科医のほうの、精神病に近い。

---- ---- ----

家族や捜査当局の訴えは、
自傷他害の言動を、証明できませんが、
自傷他害の恐れになりますので、
讒言や冤罪が、精神病の根拠になります。

家族や捜査当局に、
嘘をつかれてはいけない、という意味です。
精神病の意味。
家族や捜査当局と、仲良くしなさい。

家族や捜査当局と仲良くしたくない人は、
精神病です。
権力に媚びない奴に、
病気の因縁をつけるのは、
ロマン主義の通弊でしたが、
幕末の志士たちも、
フランス革命に憧れました。

私は、ギロチンやファシズムやナチズムや
ホロコーストや原爆やソ連や精神科なんか、
お断り。
共食いする家族を解散して、
家畜と暮らします。

武見太郎元医師会会長は、
精神病院は牧畜業を営んでいると、
言いましたが…

強制入院は、
法律違反のない人を、
隔離監禁するだけでなく、
投薬により、脳を破壊します。...

  • fin********さん

    2018/12/113:36:24

    ●訂正です●

    精神医療は、事実によらずに、
    診察室という密室の中の出来事を、
    書きたい放題を、記述できます。
     

     
    精神医療は、事実によらずに、
    診察室という密室の中の出来事を、
    書きたい放題に、記述できます。
     
    に。
     
     ----  ----  ----
     
    強制的な精神医療は、
    事実の証明が、不可欠です。
      

     
    強制的な精神医療は、
    事実の証明が、不可欠であるべきです。
    (実際は、事実の証明が、ありません)
    (自傷他害の恐れ、
     という精神科医の気持ちが、
     記述されます)
     
    に。
     
     ----  ----  ----
     
    訂正の言い訳
     
    メシを誘われて、部下を待たせていたので、
    慌てました。
     
    ゆっくりと、昼飯を食いました。
    久し振り。
    午後の仕事は、夕方から。
    大奥に帰還します。
     
    また逢う日まで。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/12/5 09:27:20

人気のない質問をしてゴメンナサイ。
答えを書いてくれてアリガトウ。
抗精神病薬が入ると、
人は権力や常識に抵抗できなくなります。
自分の意見を持てなくなるというか、
事実と法による判断ができなくなります。
権力や常識が事実や法であるという気持ちになります。
それが不人気の原因のような。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uus********さん

2018/12/407:45:16

何が事実かを調べるのは、警察権が必要でしょう?
捜査権って言うの?
精神科医はそれがないから、調べようがないし、
第一、そんなヒマもない。
だれも事実なんか、調べません。

医療保護入院なら、家族が事実はこうだと言えば、それが事実。
措置入院は、警察がこうだと言えば、それで決まり。

措置入院の場合は、否認不起訴だから、事件は事実でないんだけど、
警察は事実でないことを、堂々と言ってきます。
それで決まりって、そういう内規になっているんです、
精神医療審査会の。

だから、原則として証拠のない不当逮捕は、不起訴にして措置入院。
そういう手順が出来ています。
措置入院は全部冤罪と思って、間違いありません。

証拠もないのに逮捕して、否認すれば不起訴で、統合失調症措置入院。
精神科受診の履歴や向精神薬服薬経験のない人でも、そうなります。
それが今の法律と現場の役所の内規です。
医療審査会の審決に記されています。
裁判所が判例を変えない限り、このままです。
大阪教育大学付属池田小学校の宅間守氏の事件から、こうなりました。

nig********さん

2018/12/314:40:32

精神病だから、
精神を診察診断治療するなどと思うのは、
頭の足りない子だけかも。

精神なんて、見れるわけがないんだから、
精神を診察診断できるわけがない。

言動の事実しか、判断材料がない。
ところが、密室の中だから、
文書に記述される事実が、インチキ。

何を見て、人を捕獲して、脳を壊すかって、
わからんヤツは、頭の足りないって、
言ってるんだよ。

失業中に、家族や警察に裏切られると、
精神病院にぶち込まれて、
脳みそを潰されるんだよ。

化学物質で行くから、手を汚さないけどね(^^)
精神なんて、
どこの世界でも、口実に決っているでしょ。
見えないものを、本気で相手にしませんよ。

本人が依頼したのでなければ、
精神を口実に、そいつを潰してしまえと、
画策したのに決っている。

ところが、密室の中だから、
本人の依頼というのが、そもそも疑わしい。

抗精神病薬を入れてしまえば、
だれでも精神科医に平服して、
助けて下さいと、懇願するようになるよ。

抗精神病薬って、そういう化学物質だって、
わからなヤツは、オツムがパー。

精神病だから、
精神を診察診断治療するなどと思うのは、
頭の足りない子だけかも。...

mao********さん

2018/12/221:35:36

自傷他害の恐れは、自傷他害がありませんから、
なんとでも解釈できるんですよね。

まあ、因縁をつけることができます。

しかし、それよりも、もっと大切なのは、
自傷他害なら、刑事訴訟法の手順が適用されますが、
自傷他害の恐れは、自傷他害が証明されずに、不起訴になりますから、
裁判がありません。

そして、警察署内で強制的に診察されますから、
密室の中です。
診察の様子は、ビデオが不要で、
診断書に本人の同意も不要ですから、
ようするに、書きたい放題に書けます。

たいてい、本人は興奮して大暴れで、
聞く耳を持たなかったと、書きます。

実際には、本人は措置入院の手順を知りませんから、
次に何があるのかと、
注意深く用心深く観察しているだけです。
診察は1分間程度が普通です。
名前と住所職業生年月日を尋ねて、終わり。

しかし、診断書には、
20分間以上診察したと、記述します。
留置場を出た時間と、取調室に入った時間、出た時間と、
救急車に拘束されて警察署を出た時間も、
すべて、辻褄が合うように捏造されます。

救急車は、精神保健センターの救急車を使いますので、
役所も、公文書偽造の談合に参加しています。
実態は、警察主導で、役所の職員には、
警察に盾を突くだけの権力が、まったくありません。
一介の現場公務員の立場ですから、弱い。
警察のほうは、警察医が主導します。
精神病院の精神科医は、警察医の言うままです。
抵抗するだけの権力がありません。

措置入院だけでなく、医療保護入院もそうですが、
精神科医などの書く公文書の記述は、
すべて捏造が、通常です。
精神医学の教科書通りの、
取って付けたような典型的な症状を書きますから、
教科書の症状が、全世界に一杯であるかのように、
事実を知らない人たちは、思い込みます。

役所の書類の記述は、みな型通りです。

インターネットのたった1人の発言が、
全世界の何十万人に拡散されるのと、同じです。
事実は、たった1人の嘘にすぎません。

精神医学の統合失調症の症状も、
事実は、クレペリンやブロイラーの、
裏付けのない文学にすぎません。

ヒトラーが演説すれば、
ドイツ人全部が真似をしたように、
クレペリンやブロイラーが書けば、
日本人やイタリア人の医師は、皆、真似をしました。
ブロイラーはスイス人ですが、ドイツ民族です。

措置入院の警察関係も面倒ですが、
医療保護入院の家族も問題です。

警察の言うことと、家族の言うことを、
精神科医は、無条件に信じます。

家族の嘘を、だれが証明しますか。

ジョン・ナッシュは、内縁の妻が証言しましたが、
彼女の証言だけが、証拠です。
そして、すでに別居していたはずなのに、
内縁の妻が、ナッシュを精神科医に訴えました。

その結果、ナッシュは強制入院になり、
廃疾になりました。
入院後に、内縁の妻が、ナッシュと結婚して、
当然、彼の財産は、彼女の管理下に入りました。

この状況で、家族の証言に、
どれほどの信憑性があるでしょうか。
2人には、子供がいませんでしたから、
抗精神病薬をナッシュに注射してしまえば、
妻1人の言いたい放題になります。

ジョンナッシュは、抗精神病薬が入った後に、
生涯、痴呆が治りませんでしたが、
ノーベル賞を受賞しましたから、
たくさんの受賞者が、彼の精神を見ています。

それにもかかわらずに、
抗精神病薬と精神病の事情を、
理解できないことが、問題です。

私の経験では、ざっくばらんに言いますが、
私は知能検査を信じていないにもかかわらずに、
IQ160未満の人が、
他人に教えられずに、精神病の実態を知ることは、
まずありません。
東京大学の医学部学生のように、もっと低くても、
他人に示唆されたり教えられたりすれば、
理解できますが。

ただ、依存症のように、
細胞膜や受容体や
トランスポータやイオンチャンネルなどの機能を
理解できなければ、
抗精神病薬の作用を理解することも、
難しいかも知れません。

夏目漱石も神経衰弱と診断されていますが、
現代では、統合失調症や妄想性障害に相当します。
そして、漱石を精神科医に訴えたのも、妻でしたが、
妻の証言が正しいという証拠は、ありません。

というのは、漱石にこのような言動があり、
精神科医の診察を受けて、このように弁解したと、
妻は述懐していますが、
漱石の死後に発表されていますので、
嘘か本当か、わかったものでありません。

漱石が存命中に、その通りと漱石が認めたことは、
一度もありません。

妻の述懐では、
漱石存命中に、相当にひどい症状のせいで、
妻子が苦しんだことになっていますが、
相当にひどい離婚まぎわの
骨肉の争いであっただけかも知れません。

松居一代という女優が、
離婚まぎわの夫を、どれほど憎んでいたかは、
youtubeに残っているビデオを見れば
わかるでしょう。

家族の証言は、警察の証言と同じくらいに、
信憑性がないと、
統合失調症の強制入院の場合に、私は推測します。

pat********さん

2018/12/123:31:20

自傷他害のおそれがあるときには、強制入院するという法規は、実質的には治安維持法という趣旨の回答がされていますが、その通りですね。

保安処分であり、予防拘禁そのものです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる