ここから本文です

青銅器と鉄器は弥生時代でしょうか?

mii********さん

2018/11/3019:26:02

青銅器と鉄器は弥生時代でしょうか?

閲覧数:
67
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oni********さん

2018/12/512:34:53

ブリタニカ国際大百科事典では青銅器がメソポタミア初期王朝時代に作られたとありますが、百科事典でもさまざまですね。
考古学上では、自然銅の使用は紀元前6000年頃のメソポタミア文明からとなります。
その後、スズを混合して硬くした青銅による道具(青銅器)が作られるようになるのは、紀元前4000年頃のイラン高原の都市国家からとなります。
経路については調べてませんので割愛しますが、中国の伝説上の王朝「夏」(黄河中流域)時代の紀元前1750年頃から出土しています。
紀元前1000年頃、朝鮮半島の無文土器時代中期に伝わり(松菊里遺跡)、その後50年位後の日本の弥生時代早期(縄文時代晩期ともいう)に伝わっています。
この時代は以前は縄文晩期にあたり、朝鮮半島の遺跡からも縄文土器などが出土するような時代です。
三崎山遺跡(山形県飽海郡遊佐町)では大陸との交易によって入手したとみられる約3000年前(紀元前1000年 縄文時代晩期)の青銅刀子が出土していますので、朝鮮半島から伝わったとは考えられにくいですね。
本格的に青銅器が日本で作られるようになったのは紀元前2世紀頃であり、同時代に鉄器も作られるようになりました。
朝鮮半島に近い九州などから出土しだすのが、紀元前2世紀頃の遺跡からですので考古学では、「弥生時代前期から中期に朝鮮半島からもたらされた。」というのが定説にはなっています。

鉄器についてはやはりイラン高原の都市国家文明から青銅器に500年ほど遅れて同じルートで伝搬しています。
伝搬スピードが青銅器より鉄器のほうが早くなっており、日本では弥生時代中期、朝鮮半島では無文土器後期、中国では「殷」「周」王朝時代です。

質問した人からのコメント

2018/12/5 15:37:49

皆様ご丁寧にありがとうございました☺︎
ほかのお三方とも、素早い回答ですごく助かりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

won********さん

2018/12/100:22:14

大きな括りで言えばどちらも弥生時代ですが、弥生人は大きく2回日本列島に入植していて、青銅器は第一次弥生人、鉄器は第二次弥生人が使用していました。

当然、農器具としても武器としても鉄器のほうが優秀なので、第一次弥生人は後から入植した第二次弥生人に滅ぼされてしまいました。

kjy********さん

2018/11/3020:21:09

土器の時代ですね。

aka********さん

2018/11/3019:39:13

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる