ここから本文です

保険会社が医師を誘導して被害者に何の相談もなく治療費を一方的に打ち切る。考え...

アバター

ID非公開さん

2018/12/112:03:27

保険会社が医師を誘導して被害者に何の相談もなく治療費を一方的に打ち切る。考えられないことのようだが、実際にはよくあるのである。先ほども触れたとおり、指を失ったり、失明してしまったりというように、治療自

体は終わっても元の機能は戻らない、もうこれ以上治療しても症状は改善しないという状況がある。これを専門用語で「症状固定」というのだが、これを医師が判定した段階で、治療は打ち切りになるのである。

こんなこと有りなんでしょうか?

閲覧数:
75
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oki********さん

2018/12/112:46:48

2つの事柄について書かれているようですので、
分けて見解を述べますね。

治療費を示談前にたてかえてくれるのは、
そもそも保険会社の「好意」だっていう意見をよく
目にしますけれども、好意ではなく心証を良くして
示談までの流れを円滑にする戦術ですね。
1.治療中の相手に恩を売ることで心証がよくなる
2.支払いをやめることで示談へ向かわせる
契機とすることができる
保険会社はあなたを守るための会社ではないのですから、
一番良いと判断したタイミングで打ち切るのは、
相手としては当然で、仕方ないことだと割り切るしかないです。
ただ、そもそも示談金の前払い制度を用意するのならば、
個人的にはもうちょっと医者の意見を主体とした
基準を持ってほしいと思います。
健康保険治療に切り替えても、通院が続くと
示談成立までの期間は出費が大きいですからね。
被害者に一時的な出費を強いていることについて、
何かしらの補償があってもよいのではと思います。

症状固定に至ってからの治療打ち切りは妥当だと思います。
医師が判断した時点で、それまでとは別の状況になります。
これ以上改善しないなら、治療自体に意味が無いわけですから。
そのために後遺障害という概念があるのです。

現実の後遺障害認定基準がはたして正しいのか、
逸失利益や慰謝料の算定が、本当に後遺障害に見合った額なのかは
また別問題です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/12/112:49:39

    なるほど、分かりやすい説明ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2018/12/113:18:40

医師が判断した段階でとありますがそれがおかしいというならそれ以上信用できる方法はありますか?

本人の自己申告というなら悪質なら嘘ついてということも可能になりますよ。

それは医師とて万能とは言えないかもしれませんが今現在怪我について一番信用できるのは医師免許のある医師でしょう。

それは将来100%信用できるロボットとか何か開発されればいいですが今現在で一番信用できる方法だということでしょう。ただ実際完璧ではないとは思いますが。むち打ちなんかは医師でも判断難しいですしね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる