ここから本文です

禅仏教に詳しい方に質問します。 下記の正法眼蔵に書かれている漢詩の意味、 哲...

禅仏教に詳しい方に質問します。
下記の正法眼蔵に書かれている漢詩の意味、
哲学を教えてください。




先師古佛云、
渾身似口掛虚空、
不問東西南北風、
一等爲他談般若。

滴丁東了滴丁東。

閲覧数:
111
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sai********さん

編集あり2018/12/305:44:14

先師古仏云
先師古仏とは道元禅師の師にあたる如浄禅師のことです。(風鈴の偈といわれているものです。)
渾身似口掛虚空
風鈴が思い切り口を大きく開け口ばかりとなって虚空にぶら下がっている

不問東西南北風

東西南北いずれの方向から風が吹こうが逆らうことなく風鈴は東から風が吹けば東から揺られ全くとらわれなく虚空の中に風と一体となっている。

一等為他談般若。
渾然一体、虚空と一体となって般若の智恵を風鈴は談ぜずして談じているのである。

滴丁東了滴丁東。
チリンチリンと鳴って仏様から伝わってきたお悟りを風鈴はチリンチリンとならしているのである。

まさしく涅槃の世界です。

質問した人からのコメント

2018/12/7 07:29:03

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sam********さん

2018/12/611:58:50

『日本の名著 道元』中央公論社の中で玉城康四郎博士が解説しています。
p.12-21.道元思想の展望 二『正法眼蔵』を貫く基本線。
(既にお読みなら無視してください)

渾身、口に似て虚空に掛り、
東西南北の風を問わず、
一等、佗のために般若を談ず、
滴丁東了、滴丁東。

(からだ全体、口に似て虚空にかかっている。
東西南北、いずれより吹いてこようとかまわない、
ただひたすら、かれのために智慧を語るのみ。
ちりんちりん ちりんちりん)

『宝慶記』によれば道元は「風鈴の偈」に感動し「xxx歓喜踊躍し、感涙衣を湿おし、昼夜叩頭して頂戴す。xxx」と如浄に言ったようです

「風鈴の偈」を絶賛された如浄の返答がおもしろい。
「おまえのいうことは抜群の気宇がある。わたしは清涼寺でこの詩を作ったのだ。ほめてくれるものもいるが、とてもおまえには及ばない。わたしはおまえの眼力を認めるよ。もし詩を作ろうと思うなら、まあこのように作りたまえ」
(玉城氏の読み。p.16.)

道元と言う人は感激した作品には自分バージョンを作るようです。
『正法眼蔵 坐禅箴』の巻、で宏智正覚の坐禅箴を絶賛し、最後に自作の坐禅箴を書いていますp.305.
如浄の詩を絶賛する道元には自作の「風鈴の偈」があります。p.17.

渾身これ口、虚空を判ず。
居起す、東西南北の風。
一等に玲瓏(れいろう)として己語を談ず。
滴丁東了、滴丁東。

(からだがすなわち口、それは虚空をくわえている。
東西南北の風のなかに起き伏して、
ただひたすら、透るような声で自分のことばを語る、
ちりんちりん、ちりんちりん)

哲学??
無情説法と言うことですが、父母所生の耳には聞こえない・父母所生の口では語れない(僧云。和尚還聞否。南陽慧忠國師曰。我不聞。T1986A.47.0507b16:。師曰。不會。請和尚説。潙山霊祐曰。父母所生口終不爲子説。T1986A.47.0507b26。)無情説法に仏を抜きにしてかかわれるのか?
如浄の「かれのために」道元の「自分の言葉」が問題。
究極の境地に他人が居るのか?自他を区別できるのか?仏は居ないのか?

能礼所礼性空寂 感応道交難思議。
感応道交を説明するのに性空寂・凡聖不二・能所不二では答えにならない。
凡夫と仏の用(体・相・用の用、ゆう、機能、はたらき)を問うているのに存在の空寂・不二では答えにならない、自動車の機能を問う時に車は金属やプラスチックでできているという答えでは見当外れ。
答えられないなら不思議・難思議というのが親切=端的です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

曹源慧能さん

2018/12/218:42:31

正法眼蔵摩訶般若波羅蜜には、般若波羅蜜をどのように学ぶべきかという問題について、「まさに虚空の如し」と学ぶべく、これを受持し守護することもまた、虚空の如くすべきであるとした上で、如浄禅師の偈を引用されています。道元禅師はそれに註を加えて、「これ仏祖嫡嫡の談般若なり、渾身般若なり、渾他般若なり、渾東西南北般若なり」と述べておられます。百草、万象が般若であるからには、風鈴もまた等しく般若を談ずる。風鈴の般若に百草万象があるのである。

この虚空の如き般若波羅蜜に対し、われわれは仏さまを供養、礼敬する如くに供養し、敬礼しなければならないのです。般若波羅蜜は尽十方界真実であるから、般若波羅蜜はすなわち仏さまであり、仏さまは般若波羅蜜であるのです。

2018/12/215:42:55

道元の師匠の天童如浄がいいました

「風鈴は全身が口ばかりで、
大空のもと軒下に掛かっている。
その風鈴は東西南北いずれの風をも嫌わない。
等しく私達に仏の教えを説いている。
どう説いているかというとチリーンチリーンと」

風鈴はからっぽで無心だから
風にまかせて良い音を奏でるという意味です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる