ここから本文です

近畿露地栽培者。 玉葱のベト病対策で、「ベトファイター顆粒水和剤」はベト病...

k_y********さん

2018/12/218:05:30

近畿露地栽培者。

玉葱のベト病対策で、「ベトファイター顆粒水和剤」はベト病に罹った場合の治療剤だと聞きましたが、ダコニールやジマンダイセンなどと同様に予防剤としても使えるのでしょうか?

お尋ねします。

補足このような質問をしましたのも、ネットで検索しますと、商品説明に「優れた治療効果と共に優れた予防効果もある…」というような意味のことが載せられていたからです。でもこの知恵袋では当該農薬は病気が出た場合の治療
剤だという方がおられますので、質問いたしました。よしなに。

閲覧数:
121
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rag********さん

2018/12/221:28:44

どちらでも使えます。
商品名より有効成分で考えて下さい。
ダコニール→TPN
ジマンダイセン→マンゼブ
ベトファイター→シモキサニル、ベンチアバリカルブイソプロピル

ベトに対する農薬は全て予防薬です。その中でメタラキシル、マンジプロパミド、ベンチアバリカルブイソプロピルなどの治療効果も高いものを治療薬として用いているだけです。

質問した人からのコメント

2018/12/2 22:11:43

よく分りました。

予防剤として、11月初旬からジマンダイセン(使用制限回数:5回)とダコニール(ー6回)2週間おきに使っていますと3月で制限回数が尽きます。そこで次ぎの予防薬として、べトファイターを使いたいと思うのです。
もう一薬を成分がかぶらないように探します。

ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる