ここから本文です

M-1グランプリ2018雑感 まず最初に「霜降り明星」の優勝にケチをつける...

pha********さん

2018/12/222:10:28

M-1グランプリ2018雑感

まず最初に「霜降り明星」の優勝にケチをつけるつもりは全くない。

↑ 大前提としてこう書いているのに、私感を述べると必ずクレームをつけられる(苦笑)

以下はあくまでも『私感』です。

個人的には予選ラウンドは「和牛」・「ジャルジャル」・「ミキ」だった。

期待していた「かまいたち」と「スーパーマラドーナ」は案外だったので残念だった。

特に「スーパーマラドーナ」は期待外れの出来だった。

そして、決勝ラウンドは個人的には1位:「和牛」、2位:「ジャルジャル」、3位:「霜降り明星」の順。

私の年齢の問題なのだろうか、「霜降り明星」は予選も決勝も全く笑えなかった。

しかし、優勝したのは「霜降り明星」(苦笑)

要は私のお笑いを観る感性がついていけなくなったのだろう。

これはこれでとても自分を可哀相というか残念だなぁと思う。

個人的には1位だった「和牛」は確かに去年や一昨年の方が面白かった。

漫才の技術はピカイチだと思うが、技術に走り過ぎたのかなぁ・・。

最後に今年も私はオール巨人師匠を「基準」として見ていた。

そのオール巨人師匠が「霜降り明星」だったので、「霜降り明星」の優勝は妥当だったのだろう。

M-1グランプリ当初の「中川家」・「ますだおかだ」・「フットボールアワー」・「ブラックマヨネーズ」・「チュートリアル」・「サンドウィッチマン」の時はあれだけ笑えたのに、
今はあまり笑えなくなった。

"今のお笑い"についていけなくなり、つくづく年をとるのは悲しいなとつくづく思う(苦笑)

皆様はどう思うよ?

閲覧数:
13,526
回答数:
44
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bli********さん

2018/12/417:14:56

確かに中川家やフットボールアワーやチュートリアルが優勝したときは笑えたし、優勝間違いなし、という感じでしたよね。

ここのところ、自分が思った人ではない人が優勝する気がしますね。

なんか最近は話の内容よりも、勢い、爆発、笑える、が優勝の一因になっているような…

わたしの中にも、漫才というのはこういうものだ、というものがあり、わたしとしては、かまいたちや和牛のような漫才が好きですね。

なんか最近の人はうるさいです。
耳障りな感じがします。
私にはミキもうるさかったです。
話の内容がうまい漫才を聞きたい。

ジャルジャルや霜降り明星のはネタとして普段振る舞うにはおもしろいと思うのですが、これはあくまでも漫才のグランプリだからね、って個人的には思います。
とはいえ、あなたが基準として見ていたオール巨人師匠が、「近代漫才」とおっしゃっていたことを思うとわたしは漫才というものを枠に当てはめて考えていますが、漫才の形自体が変わっているのか、と思いました。
昔からしゃべりが上手なオール巨人師匠が、これは漫才ではない、と言わずに時代の流れを受け入れられているところをみるとさすがだなと思います。


そういう意味では歳とは関係がないのかもしれませんね。
歳をとっていても時代の流れについていく人はいるのかも。

「m1グランプリ 2018」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/43件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tur********さん

2018/12/410:09:54

人は楽しさに対してすぐに飽きます。
また、知識や経験によって「感じる楽しさ」が変わります。
歳を取るということは、知識や経験を得た、という事であり、求めるものが変わるのも当然だと思います。

知識と経験が積み重なると「質」を求めてしまいます。
質問者様の求める「質」が霜降り明星のネタから感じなかった、という事だと思います。

tak********さん

2018/12/409:56:24

昔は面白いコンビと面白くないコンビの差が激しかった。トップ3ぐらいは最高に面白いが、それ以外はいまいちな回が多かった。
逆に最近は全体的に面白いが特筆したコンビがあまり出てこない。
優勝者をみても、1~7ぐらいまで凄まじいが、ここ4、5回は大したことがない。彼らが40、50歳になってもそれは変わらないと思う。

なぜこうなるかを分析すると、時代や世代自体がどんどんつまらなくなってきており、人間力も落ちている。しかし、M1は上手く結成10年までだったのを15年に持ってきたので、10~15年の成熟したコンビが出てくるようになり、結果、特筆したのはいないが、全体としてレベルはあがったように思う。
ただし、和牛のような人間味のあるコンビは減り、ほとんどが技術で面白くしているコンビばかりなので、笑いに人間味が必要なタイプの視聴者は、最近のM1はあまり笑えないのではないか。
なにせ世の中どんどんつまらなくなっていってる気がする。

mik********さん

2018/12/408:33:25

審査員やこの回答とかでよく会場での笑いの多さが・・・って、言われますが、
笑いとは、質じゃないでしようか。

小学生がギャグを言って周りが笑う。その数が多い。連発する。
その先が、優勝・NO1なのでしょうか?

私は、自己の笑いの質だと思います。

私の中では、今回の優勝は和牛です。
圧巻でした。
そして、かまいたちはNO1の実力を持っていると思ってます。
スーマラ・ジャルジャルも素晴らしい。

この4組の内ならば。。。

霜降りでは、クスリとも笑わなかったです。
嫌いではありません。素材は解ってます。
経験と進化が欲しい。

ただ、上記の4組を抑えての、優勝。無駄にしないように、頑張って下さい。

アバター

ID非公開さん

2018/12/408:07:22

アラフォーおばさんですが
霜降りが一番おもしろかった。
和牛は見慣れすぎて飽きた感があったのが残念!
和牛おもしろかったんですけどね。
子どもが一番笑ってたのはジャルジャルでした。
和牛はお笑いの模範定型っぽい。
霜降りは初めて見たわけではないけど
新鮮でおもしろかったから優勝して良かった。
和牛は優勝しなくても仕事あるし生き残っていけそう。

aka********さん

2018/12/405:25:12

自分も霜降り明星に全く魅力を感じなかったので
今の笑いについていけなくなったのかなとも思いましたが
霜降り明星以外は審査員の得点がすんなり来るので、一概にそうとは言えないのかなと思いました。
和牛は面白いけど勢いが足りない
ミキは面白いけど新鮮さに足りない
ジャルジャルは決勝ネタはイマイチでしたね。
霜降り明星は新鮮さと勢いがあったのかなあ…全然好きなタイプじゃないですが。
どうも身長の低いボケが動きだけで笑いを取るタイプに魅力を感じないです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる