ここから本文です

旧国鉄七尾線はなぜ北と南で明暗が分かれたのでしょうか。津幡~和倉温泉間は電化...

ibu********さん

2018/12/821:09:53

旧国鉄七尾線はなぜ北と南で明暗が分かれたのでしょうか。津幡~和倉温泉間は電化しましたが、その一歩手前七尾駅から先はのと鉄道になりました。そののと鉄道は2001年に穴水~輪島間を廃線にしました。

なぜですか。

閲覧数:
77
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2018/12/902:37:20

和倉温泉は関西・中京からの観光客に人気があり、大阪・名古屋方面からの電車特急(雷鳥→サンダーバード、及び、しらさぎ)を直通させたかったからですね。

のと鉄道に転換された区間はもともと需要が少なかった部分ですが北部の末端区間(穴水ー輪島、及び、穴水ー蛸島)は特に少なかったのでしょう。
大概、閑散路線が部分廃止していく時は末端区間から廃線になっていくものです。

対して県都・金沢に近い南部は自治体の援助で何とか存続出来るレベルだったのかもしれないし、一説によると北陸新幹線開業で北陸本線が三セク化される時に備えて石川県に鉄道経営のノウハウを残しておくためだった、とされています。(ウィキペディアに記述あり)

この説が本当だとすると、のと鉄道の残った区間もいつ廃止になってもおかしくない状況、ということになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vho********さん

2018/12/901:40:32

利用客が少なかったから。
だから旧国鉄から第三セクターになり、それでも維持できなかったということです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる