ここから本文です

大阪の住吉大社で全国弓道大会が行われているのは何故なのでしょうか。

hdm********さん

2018/12/1207:53:41

大阪の住吉大社で全国弓道大会が行われているのは何故なのでしょうか。

閲覧数:
50
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

try********さん

2018/12/1209:34:06

恐らくご祭神の神功皇后の三韓征伐に由来して、古くから武運長久の為の信仰を集めてきたのだと思います。

住吉大社で毎年5月に行われる全国遠的大会は、大会に先立って小笠原流による奉納古式弓術による奉納があります。
弓道による奉納というのは住吉大社だけでなく、今でも全国の多くの神社で行われており、例えば鎌倉鶴岡八幡宮の流鏑馬などは有名ですが、一般弓士による弓道大会と言う形で弓射の奉納が続いているケースも多いです。

住吉大社の場合は規模が大きく、全国大会になったいわれは分かりませんが、住吉大社の宮司さんは弓道教士の称号を全日本弓道連盟から贈られていることから、全国大会になる前から住吉大社では弓道が盛んで、弓道界への寄与も大きかったのだと思います。

尚、全日本弓道連盟の中央道場という弓道場が明治神宮にありますが、この道場でも毎年明治神宮奉納全国大会が開催されています。

私の地元でも毎年神社への奉納弓道大会が行われ、もちろん全国大会では無いですが、近隣から多くの弓士が参加して腕を競います。
弓道に限らず武道と信仰が結びついているのは日本独特の文化だと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

uoc********さん

2018/12/1314:00:06

住吉大社全国弓道大会(後援(公財)全日本弓道連盟、大阪府、毎日新聞社、全日本弓道連盟近畿地域連合会、(財)住吉名勝保存会)が、参加者500名を超える現在の形式になった経緯は分かりませんが、住吉大社の祭神が弓の神でもあることから、1951年から実施されているようです。
戦後まもなくは教育的な武道ですら制限され、それが解除された喜びと復興が進む中で全国から弓道家に参加して貰えるイベントを願って開催され、現在に受け継がれていると考えられます。
全国各地の神社や寺院(川崎大師など)でも弓道大会は開催されていますが、5月1日はG.W.真っ只中でもあり住吉大社の本大会は盛況ですね。

buk********さん

2018/12/1208:21:04

「古来より住吉大神は弓矢の守護神として信仰をあつめてきた」
とあります。
http://www.sumiyoshitaisha.net/events/annualevents/05.html

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる